江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:矢中御殿( 13 )

矢中の杜のこと

矢中の杜 が12月6日付け 読売新聞の茨城版 に載りました。
結構なスペースです。
ワタクシめも最後のほうでコメントしております。

矢中の杜は、7月8月のBSアサヒで放映されて以来、
大勢のみなさまに来訪いただいておりますが、さらに盛り上がるとありがたいですね。

ミナちゃん、やったね!!!


b0124462_09432305.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2018-12-06 09:19 | 矢中御殿 | Comments(0)
矢中の杜では、3日と4日は通常の邸宅公開に加えて、「福田恵美子フラワーアレンジメント作品展」。邸内のあちこちで素適なアレンジが展開されました。それぞれの場所にマッチした力作ぞろいで、見学の皆さんの目を楽しませてくれたことでしょう。


b0124462_02041597.jpg

b0124462_02043636.jpg

b0124462_02045898.jpg

b0124462_02051184.jpg

b0124462_02054569.jpg

b0124462_02060870.jpg

b0124462_02064271.jpg

b0124462_02065864.jpg

b0124462_02075653.jpg

またお願いできるといいですね。





[PR]
by hojo4027 | 2018-11-05 02:12 | 矢中御殿 | Comments(0)
先日の北条市では、矢中の杜でもイベントがありました。
当日は入場無料で、田恵美子さんのフラワーアレンジメント作品展が開かれていました。
ヘボカメラ目線でお披露目です。

b0124462_09215074.jpg

b0124462_09231949.jpg

b0124462_09235771.jpg

b0124462_09240194.jpg

b0124462_09210577.jpg

b0124462_09210331.jpg

b0124462_09210053.jpg

b0124462_09205682.jpg


b0124462_09204537.jpg

b0124462_09205392.jpg

普段の矢中御殿と違って、ちょっと華やかになったような・・・。

[PR]
by hojo4027 | 2018-05-08 09:27 | 矢中御殿 | Comments(0)
5月6日、北条市と共に開催の矢中の杜、御殿まるごとマーケット
オープン前からこの行列です!期待が高まりますね。
b0124462_17451297.jpg

お客さんが押し寄せるわけだ(笑)。
b0124462_1748915.jpg

屋外のお店も繁盛してます。
b0124462_1749274.jpg

屋内もこんなに・・・。
b0124462_17504779.jpg

友朋堂さんも。
b0124462_17534913.jpg

友朋堂さんは地下室での展示です。
b0124462_17512952.jpg

竹かごやさん?
b0124462_17551229.jpg

東造園さんの「佐渡の赤玉石」の解説は、おもしろかったー。
手前の大きな石がそれだそうです。
b0124462_17574265.jpg

この時期は庭の緑がきれいです。
b0124462_17583451.jpg

土曜日の一般公開日もぜひどうぞ!
[PR]
by hojo4027 | 2017-05-07 18:01 | 矢中御殿 | Comments(0)

北条小学校とのこと

矢中の杜で北条小学校の見学会がありました。年1回の3年生33人の授業です。
3つの班に分かれて邸内を回ります。まずは全員で矢中の杜の概要説明。
b0124462_2211136.jpg

邸内の写真は撮りそこないましたが、これは地下室の見学。
b0124462_22124877.jpg

最後は前庭の空池をチェックです。
b0124462_22154521.jpg

小学校も3年生ともなると、結構いろいろ質問してきたりして興味を持ってもらえたようです。
[PR]
by hojo4027 | 2017-02-16 22:17 | 矢中御殿 | Comments(0)

矢中の杜のお正月

今年の「矢中の杜」は、ちょっと面白そう!!!
奥の西洋館の入り口にあるショーケースに、お正月を飾る懐かしい品々がそろいました。

まずはおめでたい紋切り飾り。
松竹梅や、一富士二鷹三なすび、などの切り絵がお迎えします。
b0124462_1155336.jpg

ショーケースには、お正月の遊び道具がいっぱい。
b0124462_1183950.jpg

b0124462_11105334.jpg

b0124462_11111226.jpg

b0124462_11112728.jpg

b0124462_11114884.jpg

b0124462_1112181.jpg

b0124462_11123468.jpg

一瞬にして、ウン十年前にタイムスリップしそうです。
[PR]
by hojo4027 | 2015-01-18 11:22 | 矢中御殿 | Comments(0)
筑波山麓秋祭りがおわり、北条にある矢中の杜では、
「縁(えにし)プロジェクト」が始まりました。

11月19日(土)・20日(日)・26日(土)・27日(日)の4日間
旧矢中邸の庭園を舞台にした演劇とダンスの公演です。

20日のAAPA(”ああぱ”と読みます)のダンスパフォーマンスを
取材(?)しました。

入り口もおしゃれなテントでお出迎え。
b0124462_211914.jpg

普段はなんにもないところです。

この荒々しい岩肌が舞台です。
b0124462_21204620.jpg

これが矢中邸の庭園の一部です。何しろ敷地面積が700坪と広いんです。
急斜面に岩が張り付いているといった風情。

その急斜面の舞台を取り囲むようにお客さんが立って観ています。
b0124462_21362311.jpg

観客もパフォーマンスの一部、といった按配で・・・。
プリマドンナの登場です。
b0124462_21421138.jpg

b0124462_21422830.jpg

b0124462_2143938.jpg

観客の真剣なまなざしが印象的です。
b0124462_21473068.jpg


そして、舞台はさらに上の庭に移動します。
b0124462_2146251.jpg

b0124462_21481729.jpg

観客も一体となったパフォーマンス。
b0124462_21534059.jpg

6名のダンサーが熱演しました。

最初は見ているほうが恥ずかしい感じがありましたが、
いつの間にか引き込まれていく、というか同化していく、というか
不思議な感覚に包まれたひと時でした。
前日は雨の中、ずぶぬれでのパフォーマンスだったとか。
見てみたかったなあ。

地下室(実際は一階ですが)ではおしゃれなカフェも開店しています。
b0124462_22171357.jpg

美人のウェートレスがお待ちしていますよ。
え?男だった?そりゃあ運が悪かったです。

26日、27日とチャンスが残っています。
是非、体感してみてください。
[PR]
by hojo4027 | 2011-11-24 22:20 | 矢中御殿 | Comments(4)

登録有形文化財

北条にもうひとつ登録有形文化財が誕生しました。
「旧矢中邸」です。
地元では「矢中御殿」と呼ばれている住宅です。
b0124462_112415.jpg

つくば市にある登録有形文化財は、たぶん我が家を含めて2例目だと思います。
(ちゃんと調べなくちゃ。)

お隣の真壁町(現在の桜川市真壁町)には100件以上あるので、
まったく太刀打ちできませんが。

茨城新聞にも載ったので、
詳しくはそちらをご覧ください。

北条の街おこしとしても、もちろん我が家としても
大変ありがたいことです。

9月23日のコンサートでも、S席は矢中御殿の見学つきです。
これには「ポステン」のランチボックスもついていて、
北条上げてのおもてなしが出来るのです。
過去のコンサートでも、好評を頂いたようです。

今年の春は、我が家でも生意気に花見ツアー(笑)を計画しました。
大池の桜を鑑賞してから、
矢中御殿見学と昼食、そのあと我が家の大蔵で音楽ビデオの鑑賞会と、
盛りだくさんの内容だったのですが、
3.11の大震災であえなく中止の憂き目に会いました。

来年はリベンジなるでしょうか。
[PR]
by hojo4027 | 2011-09-18 11:20 | 矢中御殿 | Comments(6)
先週、矢中御殿に振興会の年会費を徴収に行ったら、
ミイラ取りがミイラになってしまいました。
”矢中の杜”の友の会に入会したのです。

”矢中の杜”の守人 というNPO法人が立ち上がっていて、
目下、会員募集中とのこと。
飛んで火に入る夏の虫、
さすがに正会員はご辞退申し上げましたが、
友の会ならなにもしなくてもいい、とのことです。

イベントなどは優先的にお誘いいただけるようですが、
今までも図々しく、無断侵入(笑)しておった関係もあり
その辺はあまり代わり映えしない気持ちではあります。

早速、会報が送られてきました。
b0124462_4241550.jpg

A4版の立派なものです。さすが法人格。

活動記録や
b0124462_4254928.jpg

b0124462_4263565.jpg


会計報告も
b0124462_4274638.jpg

震災にもめげず、再公開も果たしました。

頑張ってチョ!
[PR]
by hojo4027 | 2011-06-28 04:30 | 矢中御殿 | Comments(0)

矢中のお月見

先週の23日は中秋の名月、の一日あとでした。
矢中御殿では、第二回文化講座
月と筑波山万葉歌
が開かれました。
b0124462_935684.jpg


せっかくの名月、大雨でした。
日ごろの行いのよい方がおられたようで・・・。
それでも、15名ほどの参加があり、ちょうどいい講座になりました。
b0124462_99982.jpg

講師は言わずとしれた井坂敦實せんせい。

初手から井坂節が炸裂です。
「いまの歴史学者はだめ!なんにもわかっちゃいないんだから」
と自説をご開陳です。

聞いているとついつい引き込まれてしまうから、不思議です。
いえいえ、他意はございませんですよ。

万葉集3000余首のなかで、筑波山を歌ったものが25首。
かの富士山でさえ、13首なんだそうで、たいしたもんです。
西の富士山、東の筑波、とはよく言ったものです。

特に筑波山は縁結びの神様ということで、知られていたようですね。

ということで、神様をまつる儀式には事欠かなかったわけで、
それを知りもしないで、筑波山を読み込んだ歌を、
単なる景色の歌と解釈するやからが多い、
と、冒頭の井坂節になるわけです。

そんなこんなで、3首を解説。

面白かったのは、玉造町から見た筑波山を着物に見立てた写真でした。
筑波山の双峰に満月が乗っかって、まるで筑波山が着物のように見えました。
このような満月と筑波山の写真は初めてみました。
合成写真?とつぶやいたら、
「そんな事言うのは、あんただけ!」と一笑に付されましたね。

月見団子もいろどりを添えてくれて、口のなかにも入ってくれました。
b0124462_9395712.jpg


我が家の行灯も、隅っこに急遽飾って仲間入りさせてもらいました。
(残念ながら、そのときの写真は撮りませんでした。)

で、ついでに行灯のご紹介。
有明行灯にはお月様が組み込んであるんです。ホントですよ。

これが正面。
b0124462_9412089.jpg

満月なんです。

左側。
b0124462_9425841.jpg

半月です。

右側。
b0124462_9434534.jpg

三日月ですねえ。

最後、後ろ側。
b0124462_9445096.jpg

真っ黒けの新月。

ね。ちゃんとお月様の物語になっています。
[PR]
by hojo4027 | 2010-09-28 09:57 | 矢中御殿 | Comments(4)