人気ブログランキング |

江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:宮清大蔵( 34 )

6月9日(日)、つくばフルートコンクール優勝記念として、石井希衣さんのフルートリサイタルが行われました。

b0124462_01240695.jpg


昨年12月、つくばノバホールで開催された「つくばフルートコンペティション2018」で優勝した石井 希衣さんが、満を持しての演奏です。

b0124462_01243011.jpg


b0124462_01244728.jpg


 トークを交えての熱演に、観客のみなさんからは盛大な拍手が贈られました。

b0124462_01252824.jpg



b0124462_01255823.jpg


今回もおかげさまで満席でした。ありがとうございました。

by hojo4027 | 2019-06-10 01:43 | 宮清大蔵 | Comments(0)

昨年12月に、つくばノバホールで開催された「つくばフルートコンクール」は、才能ある若き芸術家の登竜門として誕生しました!!!

宮清大蔵では、その記念すべき第一回の優勝者「石井 希衣」さんのフルート リサイタルを開催します。


おかげさまで、完売いたしました!


b0124462_03160377.jpg

世界で活躍する工藤重典さんをはじめ、国内トップクラスのフルーティストで審査される「つくばフルートコンクール」では、まさに気鋭の演奏家たちが集いました。その席で満場一致の成績を収めたのが石井 希衣さんでした。今回のリサイタルはその副賞として開催されます。フルートの音色と古い蔵の響きをぜひご堪能ください。

チケットのお申し込みは、4月20日(土)10時より以下の販売所で開始いたします。


宮清大蔵:080-6788-0693 ラムール:029-842-1426 つくばピアノサービス:029-828-5400


演奏家プロフィール


b0124462_03165779.jpg


b0124462_03173436.jpg

b0124462_12510705.jpg
b0124462_12511749.jpg








by hojo4027 | 2019-04-19 03:47 | 宮清大蔵 | Comments(0)
ゆけゆけ、乙女のつくば道 2019 in 宮清大蔵

その1、立川 志のぽん 「春の落語会」3月30日(土)14時開演

b0124462_19572909.jpg


b0124462_19574968.jpg

その2、第9回春のろくろく上映会 4月1日(月)18時上映開始

b0124462_19581415.jpg

皆さまのご来場をお待ちしています!






by hojo4027 | 2019-03-27 19:49 | 宮清大蔵 | Comments(0)
秋はお彼岸の中日の演奏会でした。
日本的にはあまり外出などせず、お墓参りする日ですが、外国の演奏家には関係なし。
気温がやや高めで湿度も高めのなか、エアコンの調整がうまくいかず、ご迷惑をおかけしたところもありました。

受付の美女軍団!里山建築や矢中の杜の応援部隊です。

b0124462_12301352.jpg


演奏家のクリストフ・エーレンフェルナーさんと本多昌子さん。
演奏前には店蔵を見学してもらいました。宮清の印袢纏がよく似合います。
我が家には今日演奏する曲目の「愛のよろこび」がSPレコード盤で存在します。それもクライスラー本人が演奏している、というレアものです。これを聞いてもらったら、「僕の代わりにこのレコードをかけようか」などと、おどけていました。

b0124462_12302423.jpg


狭い空間でご迷惑をおかけします!

b0124462_12303543.jpg

つくば市の五十嵐市長にもお越しいただきました。11月末からのフルートコンクールのことをしっかりPRです。

b0124462_12305677.jpg

演奏は、ベートーベンとクライスラーという、なじみの深い曲目で、お楽しみいただけたのではないでしょうか。

b0124462_12311013.jpg

演奏後のサイン会も賑わいました。

b0124462_12311902.jpg

さて、次回の演奏会はどうなりますやら。





by hojo4027 | 2018-09-25 12:57 | 宮清大蔵 | Comments(2)
610日(日)、宮清大蔵10周年 & 若林暢(のぶ)愛用のピアノ寄贈記念コンサートが無事終了しました!

10年。多くの皆様に助けられての10年でした。感謝です。


b0124462_22015914.jpg



b0124462_22034181.jpg


b0124462_22032843.jpg

b0124462_22031064.jpg


by hojo4027 | 2018-06-12 01:59 | 宮清大蔵 | Comments(0)

2018610日(日)、宮清大蔵10周年および、若林暢(のぶ)愛用のピアノ寄贈記念クラシックコンサート


おかげさまで満席になりました。ありがとうございました。(5月13日)


b0124462_10435833.jpg

宮清大蔵がイベント会場として生まれ変わったのが2008年。10年もの間、年に2~3回のコンサートや落語会、ビデオ上映会などを開催することができました。これらはすべて北条街づくり振興会を中心とした地域の方々のご協力の賜物です。今回はその感謝の意をこめて、一般財団法人若林暢音楽財団のご協力で、ピアノのビッグ・ネーム「アルバート・ロト」さんをお迎えしての無料コンサートとなりました。今回会場に運び込まれたのは、若林暢さんが愛用していたグランドピアノ。財団のご厚意で宮清大蔵に寄贈され、初お披露目です。若林暢さんが力を入れていた「東日本大震災」への支援も、チャリティーとして取り組みます。

開催概要

タイトル:若林暢さんに捧げる「アルバート・ロト ピアノ演奏会」

日 時 : 2018610日(日)
       開 場  1330 
       開 演  1400 
会 場 : 宮清大蔵 つくば市北条188
入場料 :無料。事前のご予約が必要です。お申込みは電話にて承ります。

    (お申込み受付:512日(土)より開始)
予約電話:北条街づくり振興会(10時~16時)080-6788-0693

主 催:北条街づくり振興会 
協 力:つくば市商工会、一般財団法人若林暢音楽財団

アクセス:
・電車、バスをご利用の方:TXつくば駅からつくバスに乗り換え

    ・[北部シャトル] 筑波交流センター下車徒歩10分 (バス乗車時間 約30分)

    ・[小田シャトル] 北条仲町下車(バス乗車時間約45分) 
・乗用車をご利用の方:東大通りを直進→高エネルギー研究機構の次の信号を右折→国道125号をまたいで直進(駐車場完備)

b0124462_11080091.jpg

プログラム:

 バッハ : 主よ、人の望みの喜びを

ブラームス : ピアノソナタ 第3番 へ短調 作品5

ヴィエニャフスキ:グノーのファウストによる華麗なる幻想曲

(ヴァイオリン:小西真央)

(プログラムは当日変更の場合があります。ご了承ください。)

演奏家プロフィール

Piano アルバート・ロト Albert Lotto

ニューヨークに生まれ、9才のときにブルックリン・シンフォニーとモーツァルトの「戴冠式」を演奏するという神童ぶりを発揮。ジュリアード音楽院でピアノをサッシャ・ゴロニツキーに、室内楽をアーサー・バルサム、ジョセフ・フックス、ナタン・ミルシュタインに師事。1965年第1回モントリオール国際コンクールで優勝。1966年ブゾーニ国際コンクールでも金賞を受賞。1972年リンカーンセンターでニューヨーク・デビューし大成功を収める。彼はずば抜けたピアノ技術と精神性を持ち合わせた天才ピアニストである。

日本には1970年に初来日し好評を得て以来、日本に毎年のように来日し、リサイタルやオーケストラとの共演などで各地を席巻している。彼は優れた研究者でもあり、作曲家チャールス・アイヴズの論文により博士号もうけている。 1999年よりアメリカの誇りでもある世界的ヴァイオリニスト、イツァーク・パールマンの主宰による/パールマン・ミュージックプログラム・ピアノセクションでの講師も務めた。

故 若林 暢(のぶ)/ヴァイオリン Nobu Wakabayashi

東京藝術大学附属高校、東京藝術大学、同大学院を経て、ジュリアード音楽院を卒業。1995年「音楽に登場する悪魔」の論文で博士号を取得。

1986年、ニューヨーク国際芸術家コンクール、モントリオール国際コンクールなどで優勝。ヴィニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールで入賞。最優秀音楽解釈賞、ヘンリク・シェリング賞、ワンダ・ウィルコミルスカ賞、ボズナン市長賞などの副賞を全て受賞し、ヘンリク・シェリングからも絶賛される。

1987年カーネギーホールでのデビューリサイタルは、ニューヨーク・タイムズ紙でも高い評価を受け、その後はアメリカ、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、スイス、オーストリア、中国、韓国など世界各地でソリストとしての演奏活動を続けた。

2016年6月8日に58才という若さで亡くなる。偉大な業績を評価する人々の要望により、2017 年ソニー・ミュージックダイレクトのクラシックレーベルG-toneより発売された2枚のCD「愛奏曲集」と「ブラームスヴァイオリンソナタ全集」は度々ビルボードやオリコン週間ランキングに1位と2位のツートップでランクインを果たし、年間ベストセラーのランキングにも、それぞれ1位と2位に選ばれた。

若林暢音楽財団から寄贈された、愛用のグランドピアノ     

 

b0124462_10444535.jpg
宮清大蔵 外観
b0124462_10524018.jpg


by hojo4027 | 2018-05-10 11:06 | 宮清大蔵 | Comments(0)

2017年9月3日(日)、宮清大蔵サロンコンサート開催!

今回は「九州北部豪雨被災地へのチャリティー」として、

また、以前の当ブログでご紹介した「若林暢(のぶ)さんを偲んでCD発売記念」として開催いたします。

http://taka4027.exblog.jp/26972434/

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィーンフィルの首席チェロ奏者「タマーシュ・ヴァルガ」

with ウィーン・ピアノ芸術の至宝「クリストファー・ヒンターフーバー」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年5月の宮清大蔵コンサートで演奏したヒンターフーバー氏は若林暢さんと共演する予定だった のですが果たせず、今回の追悼公演となりました。http://taka4027.exblog.jp/26972434/

b0124462_10025194.jpg
b0124462_10125116.jpg

開催概要

日 時 : 201793日(日)
       開 場  1300 
       開 演  1330 
会 場  宮清大蔵 つくば市北条188
全席座席指定 
A席 4,000円(一階席)
B席 3,000円(二階席)
主 催:北条街づくり振興会
協 力:つくば市商工会、一般財団法人若林暢音楽財団

後 援:(株)音楽之友社、朝日新聞水戸総局、(株)朝日新聞学園都市販売

平成29年度つくば市市民活動協働型補助事業


チケットお申込み・販売所(お申込み受付:7月31日(月)より)
●宮清大蔵(平日のみ10時~16時)080-6788-0693
●ラムール 029-842-1426 
●つくばピアノサービス 029-828-5400
アクセス:
●電車、バスをご利用の方:TXつくば駅からつくバスに乗り換え

    ・[北部シャトル] 筑波交流センター下車徒歩10分 (バス乗車時間 約30分)

    ・[小田シャトル] 北条仲町下車すぐ (バス乗車時間約45分) 
●乗用車をご利用の方:東大通りを直進→高エネルギー研究機構の次の信号を右折→国道125号をまた いで直進(駐車場完備)

プログラム:

 バッハ : 無伴奏チェロ組曲 第一番 ト長調BWV1007全曲

 リスト : 死の舞踏(怒りの日よりパラフレーズ)S.126
ほか(プログラムは当日変更の場合があります。ご了承ください。)


演奏家プロフィール

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者 

タマーシュ・ヴァルガ (Tamás Varga)

1969年ブダペスト生まれ。リスト音楽院でラースロー・メゼー、フェレンツ・ラドシュ、ジェルジー・クルタークらに師事し、1992年に優秀な成績で学位を取得。ミクローシュ・ペレーニ、メナヘム・プレスラー、奨学生としてテルアヴィヴのルービン音楽院で学ぶきっかけとなったウズィ・ヴィーゼルなどの演奏家からも多大な影響を受けた。
 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者。ソリストとしてもウィーンフィルと定期的に協演し、ジュゼッペ・シノーポリ、ズービン・メータ、小澤征爾、マイケル・ティルソン=トーマス、クリストフ・エッシェンバッハ、アダム・フィッシャーの指揮で演奏。2003年にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでBBCプロムスにデビュー、2009年の日本ツアーにおいて、R.シュトラウスの『ドン・キホーテ』でソロを演奏し日本のファンを魅了した。
 ソロ、室内楽奏者として世界各地で演奏活動を行っている。最近では日本でも数多くの演奏会を行いタマシュファンを増やしている。

アンサンブル・ヴィエナ・コラージュおよびウィーン室内合奏団のメンバーとしても定期的にウィーン・コンツェルトハウス、ザルツブルク音楽祭や、他のヨーロッパ主要都市のコンサート・ホールに登場。ヒルデガルト・ベーレンス、フェレンツ・ボーグナー、フィリップ・アントルモン、ゾルタン・コチシュ、カール・ライスター、マリヤーナ・リポヴシェク、ヴォルフガング・シュルツ、タマーシュ・ヴァーシャーリ、バルトーク弦楽四重奏団らとも共演している。

クリストファー・ヒンターフーバー(Christopher Hinterhuber

現在ウィーン国立音楽大学ピアノ科主任教授。彼はウィーンで最も期待されているピアニストの一人。国際的な演奏活動と共にCDでの活動もドイツでは「最良で・最も魅惑的なピアノ録音」の1つに選ばれて高く評価されている。 

オーストリアで生まれ、ウィーン国立音楽大学ピアノ科、室内楽科を優秀な成績で卒業する。オレグ・マイセンベルク、ラザール・ベルマン、ウラジミール・アシュケナージなどの最高峰の芸術家からも特別な影響を受けている。

ウィーンのベートーヴェン国際ピアノコンクールをはじめ、スイス、ドイツなどヨーロッパの国際コンクールで沢山の優勝と入賞を果たし、ウィーンを代表するピアニストとして活躍中。

21世紀のライジングスターのシリーズが開催されたニューヨークのカーネギー・ホールでも大成功をおさめて、以来世界各地で演奏活動を行う。

ザルツブルグのモーツァルトボッヘやシュワルツェンベルクのシューベルティアーデ、プラハの夏など世界を代表する国際フェスティバルに出演し、世界的な指揮者たち及び世界各国のオーケストラと共演し好評を得ている。

日本でもオーケストラとのコンチェルトや、ソロリサイタルの日本ツァーも毎年行ないファンを魅了している。草津音楽祭にも毎年招聘されて、2015年には天皇・皇后両陛下のご臨席も賜り高い評価を受けた。

個性的活動としては、ミハエル・ハネケ監督によって映画化された「ピアニスト」の演奏中の手の出演と演奏を行っている。その作品はカンヌの映画祭でグランプリを得ている。



by hojo4027 | 2017-07-27 11:18 | 宮清大蔵 | Comments(0)
2017年の春は、第5回目ろくろく上映会です。私も大好きなイベントです。
2本立てビデオのひとつ『竹縄のさと』の紹介が民映研のフェイスブックにありました。

b0124462_10205614.jpg

民映研創立メンバーでカメラマンの伊藤碩男さんも参加してもらえるとのことです。
以前もお出でいただきましたが、撮影当時の生の話が聞けて興奮したのを覚えています。

日時 2017年4月1日(土)15:30〜17:30
開場 15:00
場所 宮清大蔵   茨城県つくば市北条188
参加費 1500円
定員  30名(定員になり次第締め切り)
申込方法 お名前、電話番号、メールアドレス、参加人数を下記までお申し込み下さい
申込・問合せ先 里山建築研究所
        メール sal@satoyama-archi.co.jp
        電話  029−867−1086

上映演目
民族文化映像研究所(民映研)フィルム作品
15:30〜 『竹縄のさと』
16:15〜 『竹に暮らす』
17:00〜 座談会 民映研創立メンバーでカメラマンの伊藤碩男さんを迎え車座トーク
by hojo4027 | 2017-03-23 10:46 | 宮清大蔵 | Comments(0)
宮清大蔵コンサート2015秋!ウィーンピアノ四重奏団、演奏会のお知らせ
来る11月14日(土)、宮清大蔵コンサートです。詳細は北条街づくり振興会のホームページをご覧ください。申込みの受付は9月28日(月)AM10:00からです。お申込みをお待ちしています。
b0124462_1535090.jpg

会場となる宮清大蔵の外観です。
b0124462_10375712.jpg

b0124462_10361943.jpg

2009年の演奏会のメンバーが一部入れ替わりで出演します。
by hojo4027 | 2015-09-24 10:06 | 宮清大蔵 | Comments(0)
12月6日(土)、宮清大蔵で初めての自主映画の上映会が開催されました。
主催は里山建築研究所。私の家の隣にある古民家専門の設計事務所です。
民族文化映像研究所(民映研)という所が、1960年代から「日本人の生活と生活文化の足どりをその基層から見直し捉えなおしつつ、それを映画フィルムによって記録する」活動をしています。その所有するフィルム、DVDが数百本。それを順次上映していく、という壮大な?計画です。失われつつある、日本の伝統文化を多方面にわたって映像に記録し、次世代に伝承する貴重な資料になるものです。

記念すべき第一回上映会の作品が「奥会津の木地師」。
b0124462_1914554.jpg

特に今回は、民映研立ち上げの当初から監督兼カメラマンとして活動してこられた伊藤碩男さんと、民映研の理事であり、吉水という京都の旅館を経営されている中川誼美さんがゲストとして参加されました。
お二人を中心に車座トークまであった会は、大変濃い内容の上映会になりました。
b0124462_19273255.jpg

b0124462_19275033.jpg

b0124462_1928382.jpg

b0124462_193529100.jpg

参加された皆さんは映画の迫力に圧倒され、車座トークでは活発な質疑が交わされて、次回開催への期待が大いに高まったのでした。
by hojo4027 | 2014-12-08 19:40 | 宮清大蔵 | Comments(0)