江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:岩崎屋 ( 6 ) タグの人気記事

大蔵クリーン作戦

今秋茨城県で開催される国民文化祭では、
「つくば道」がテーマのひとつになりました。

クローズアップされるのは、筑波山の旧郵便局から神郡を通って
北条までの「つくば道」です。

北条地区でも、岩崎屋や田村家住宅、それと
我が家も参加することになりました。

かつて米を貯蔵していた穀物蔵(大蔵)を改造して
音楽ホールにするということです。
3間×5間の二階建て。
どんな風になりますやら。

今日は改造の第一弾として、
筑波大生が大挙して掃除の手伝いに
来てくれました。多謝。
なんとその数16名。

すこぶる天候不順の中、まさに汗と埃まみれ
の大奮闘。すっかり綺麗になりました。

掃除開始前のミーティング?
b0124462_2181759.jpg

大蔵に隣接する新蔵の使用前。
b0124462_21103021.jpg

そして使用後。ぴかぴかです。
b0124462_21112173.jpg

大蔵の内部の解体作業。
b0124462_21121993.jpg

b0124462_21125615.jpg

二階の梁の掃除です。
b0124462_21143881.jpg

三脚を使わないので手振れしています。すみません。
皆さん、ありがとうございました。
b0124462_21183268.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2008-08-28 21:21 | 北条街起こし | Comments(0)

折形展

つくば市北条の岩崎屋ギャラリー百日草で行われた
礼法折形展が好評のうちに終了しました。

先週、今週と土日だけの開催で、もっと
多くの方に見ていただきたかった展覧でした。

室町時代にさかのぼるとういう、起源の
すごさもさることながら、現代にも
その伝統が脈々と受け継がれていることに
感動しました。

会場いっぱいの作品群を見ていると
最近の日本人(もちろん私自身もですが)
に欠けた何かが見えてくるような
気がしました。
b0124462_19551554.jpg

b0124462_19563088.jpg

b0124462_19571669.jpg

これは「耳だらい」という漆器だそうです。
その中には水を張り、梶の葉を沈めています。
天の川を水面に映して、葉に書いた願いを
成就してもらう、というのが葉書(はがき)の
始まりなんだとか。
なんとも奥ゆかしいというか、はかないというか、
日本文化の繊細さが感じられます。
b0124462_19591631.jpg

次回を期待しています。
[PR]
by hojo4027 | 2008-07-06 20:07 | 北条街起こし | Comments(0)
6月29日(日)、岩崎屋では「礼法折形展」のハイライト、
飯田先生の実技講習会がありました。
一階畳の間は、生徒さんの熱気が
溢れていました。2時間の実技とは、大変
ですよね。
b0124462_20352186.jpg

礼法から始まって、実際の作品です。
b0124462_20364481.jpg

b0124462_2038640.jpg

岩崎屋二階のギャラリー百日草では、
100点位の作品が所狭しと並んでいて
しかも気品溢れる折形ばかりです。
b0124462_20404676.jpg

b0124462_20452142.jpg

b0124462_20462317.jpg

などなど。
今度の土日も開催しています。
必見です。大勢の方が見にきていますよ。
[PR]
by hojo4027 | 2008-06-30 20:48 | 北条街起こし | Comments(0)

筑波かすみ里帰り

縁あって、筑波かすみ里帰り運動に
ほんの少しだけ関わりました。

昭和2年(1927年)のはじめ、12,000体余りの
「青い目の人形」が米国から日本に贈られました。

そのお返しに、同年の終わりころに58体の
答礼(市松)人形が米国に贈られました。

それぞれの国や県で盛大な歓送迎会が催されました。

茨城県から贈られた人形には「筑波かすみ」という名前が
つけられ、米国はウィスコンシン州ミルウォーキーの
公立博物館に所蔵されていました。
b0124462_23113471.jpg

身の丈82センチの大変大きな市松人形でした。

80年ぶりに里帰りして、吉徳さんの修復をうけ、
見事に甦りました。
清らかな少女の美しさと、凛とした気品とを併せ持つ
すばらしい人形でした。
b0124462_0435929.jpg


過日、里帰り実行委員会の打ち上げ会があり、
参加することができました。
立派な記録集も出来上がりました。

何日かして、蔵の中を整理していたら、なんと、
「筑波かすみ」に関する80年前の絵葉書が
でてきました。
もう少し早く見つけていれば、記録集に
掲載されたかもしれません。

アメリカから贈られた「青い目の人形」達です。
b0124462_0461351.jpg

これが「筑波かすみ」です。
下に「茨城縣代表お人形のお道具」とあります。
なぜか、後姿のはがきしかありません。
前を向いたはがきは、ポストに
入れられたのでしょうか。
b0124462_04750100.jpg

お道具類のアップです。
b0124462_0505843.jpg


今日は、打ち上げ会に参加された方のお一人が
岩崎屋で開かれている飯田猷子先生の
「礼法 折形展」を見にこられます。

ついでに我が家をご案内する予定です。
[PR]
by hojo4027 | 2008-06-29 01:02 | なんだかんだ | Comments(0)

北条歴史探訪

今日も雨の一日でしたね。岩崎屋ものんびりムードだったのでしょうか。
ここのところ連続8回雨の土曜日だとテレビでいってました。行楽には最悪ですね。
ただでさえ諸物価の高騰で出足が鈍るのに、踏んだり蹴ったりです。

さて、北条歴史探訪の続きです。

前回の、つくば道道標は寛政十年(1798年)に再建されたものだそうです。

b0124462_2054480.jpg
つぎのポイントは宮本家住宅、我が家です。手前の広瀬歯科医院さんの駐車場で外観の説明。



b0124462_2010577.jpg
店蔵の中の見学。狭いのでぎゅうぎゅうづめです。




b0124462_20123357.jpg
待望の昼食。「北条ふれあい館岩崎屋」にいったん戻ってきました。北条米のおにぎりが3個。5時間の案内付きで800円は安いですよね~




b0124462_20185583.jpg
本日のメーンイベント、「日向廃寺跡」。講師の井坂先生渾身の場所。何しろ先生の奮闘で史跡が発見されたのですからリキが入ります。口角泡を飛ばす勢いの解説で、見学者もその迫力に圧倒されるばかり。



b0124462_20294427.jpg
熊野神社です。みんなぜいぜい言いながら77もある階段を登っていきました。登りきった先には巨石をくりぬいた宝塔が鎮座ましましておりましたとさ。



次回の歴史探訪はまだ日程が決まっていないようです。それまでに、かずかずあるユニークな井坂先生語録をアップしてみたいものですが・・・。
[PR]
by hojo4027 | 2008-05-31 20:37 | 北条街起こし | Comments(0)

北条歴史探訪

25日(日)、北条の街おこしイベント、歴史探訪は朝から、雨が降ったりやんだりで、中止かどうかやきもきでした。朝早くから問い合わせが多く寄せられ、お客様の期待がひしひしと伝わってきます。午後は雨が上がるという予報で決行。まずは8時30分からスタッフが岩崎屋に集合して、準備開始。

筑波大の学生さん。                 街づくり振興会の
                              元女学生(?)さんたち。
b0124462_22303518.jpgb0124462_2229324.jpg






岩崎屋での受付。
b0124462_23112415.jpg
b0124462_2391255.jpg







雨中行軍(最初のうちだけですが)      つくば道道標です。
b0124462_23124711.jpg
b0124462_23133046.jpg







続く
[PR]
by hojo4027 | 2008-05-26 23:19 | 北条街起こし | Comments(2)