江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
4月4日(火)朝11時ころの大池です。ほとんどつぼみですが、古い木ほど早く咲いているような感じで。
b0124462_13344418.jpg

これだけ見ると、結構咲いてる・・・。しかーし。
b0124462_13342251.jpg

全体はこんなものです。
週末までビミョーです。
b0124462_13365231.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2017-04-04 13:37 | 北条付近の風景 | Comments(0)
今回は、民族文化映像研究所(民映研)フィルム作品のうち『竹縄のさと』と『竹に暮らす』の二本立てでした。
特に『竹縄のさと』では日本の手仕事の奥深さを実感しました。
「竹縄(たかなわ)」とは、字のとおり竹で作った縄のこと。昭和初期まで、日本の各地で作られていたようです。東秩父村(埼玉県で唯一の村だそうです!)の萩平では、地元の有志による保存活動が現在も続けられています。昭和54年に、一度衰退した竹縄製作を再現する形でビデオ撮影したとのこと。そのときの撮影スタッフのお一人がカメラマンの伊藤さんでした。
ビデオでは、その驚きの製作過程が克明に記録されていて、さまざまな作業が再現されていました。
まずは、半年ほどの真竹の若竹を切り出して、火であぶるところから始まります。
b0124462_19285322.jpg

竹は3年ものが一番丈夫なのでは、という質問には、柔らかさが大事と伊藤さんが答えます。伊藤さんは当時のことをよく覚えておられます。その記憶力には脱帽ものです。
b0124462_9183262.jpg

5分ほど火であぶった後、細く切り裂きます。そののち水につけたりして柔らかくし、薄皮をはぐように切り出します。
b0124462_9215036.jpg

そのあと何回か柔らかくする工程を経て撚(よ)りにかかります。両手両足を駆使する様は、人間の四肢も立派な道具だと感心させられます。
b0124462_9254245.jpg

特に撚りの最後に手で締め付ける工程がこの製作工程の肝なのではないでしょうか。
b0124462_9273828.jpg

力のいる作業です。
b0124462_9275488.jpg

結果がこれです。
b0124462_928434.jpg

縄の太さの違いがわかりますか?
b0124462_9295497.jpg

一束5メートルの製品に仕上がりました。
井戸のつるべや、水桶の紐、山車と車輪を結ぶ補強材など、水に強く強度もありと、さまざまな生活の場で使われました。
日本の伝統技術はすごい!の一言。機会があれば大勢の人に見てもらいたいものです。
b0124462_9394441.jpg

次回のろくろく上映会に期待、大です!
[PR]
# by hojo4027 | 2017-04-04 09:37 | なんだかんだ | Comments(0)
2017年の春は、第5回目ろくろく上映会です。私も大好きなイベントです。
2本立てビデオのひとつ『竹縄のさと』の紹介が民映研のフェイスブックにありました。

b0124462_10205614.jpg

民映研創立メンバーでカメラマンの伊藤碩男さんも参加してもらえるとのことです。
以前もお出でいただきましたが、撮影当時の生の話が聞けて興奮したのを覚えています。

日時 2017年4月1日(土)15:30〜17:30
開場 15:00
場所 宮清大蔵   茨城県つくば市北条188
参加費 1500円
定員  30名(定員になり次第締め切り)
申込方法 お名前、電話番号、メールアドレス、参加人数を下記までお申し込み下さい
申込・問合せ先 里山建築研究所
        メール sal@satoyama-archi.co.jp
        電話  029−867−1086

上映演目
民族文化映像研究所(民映研)フィルム作品
15:30〜 『竹縄のさと』
16:15〜 『竹に暮らす』
17:00〜 座談会 民映研創立メンバーでカメラマンの伊藤碩男さんを迎え車座トーク
[PR]
# by hojo4027 | 2017-03-23 10:46 | 宮清大蔵 | Comments(0)
北条の味として親しまれております「北条米スクリーム」。春は恒例の「さくら味」がいよいよ販売開始です!価格は一個350円。ハー〇ンダッツより高いのが売り?でーす。
b0124462_9214421.jpg

3月11日(土)から、以下のお店に加えて、平沢官衙遺跡の管理事務所でも販売いたします。春の芽吹きが感じられる筑波山麓を散策がてら、どうぞお立ち寄りください。

① 北条ふれあい館(北条39番地 TEL 080-6788-0693)
(土日祝日のみ営業 10:00~16:00)
② 生井酒店(北条295番地 TEL 029-867-0153)
③ 近江屋酒店(北条206番地 TEL 029-867-0032)
④ 住谷ストア(北条41番地 TEL 029-867-0037)

「抹茶あじ」は通年販売です。こちらもよろしく。
b0124462_9264637.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2017-03-09 09:27 | 北条街起こし | Comments(0)
「乙女のつくば道2017」参加企画

国登録文化財巡りin北条

今年は矢中の杜のスタッフを中心に「国登録文化財巡りin北条」と題して、北条地区の歴史的建造物4軒を巡るツアーが開催されます。
それぞれに異なる魅力を持つ建物をどうぞご堪能下さい!
普段は見学できない所も見られるかも!?
しかも美味しいお土産付きです♪

以下、詳細です。

1.日時  4月1日(土)
午前の部 10:00~12:00、 午後の部 14:00~16:00 計2回(所要時間約2時間)

2.ツアー内容(各建物の簡単な説明を下に写真と共に記載しています)
①北条ふれあい館(旧田村呉服店)
②宮本家住宅
③カフェ ポステン(旧常陸北条郵便局)※店舗営業中につき、見学は外観のみ
④矢中の杜(旧矢中家住宅)

ツアーの最後に矢中の杜の庭園にて、お土産の「北条米スクリーム桜味」と「菓子工房チャイカの焼き菓子」、お茶をお召し上がりいただきます♪

3.参加費 1500円/人
(北条米スクリーム桜味1個、菓子工房チャイカの焼き菓子、お茶、矢中の杜見学料込み)

4.定員
各回10名 予約制、先着順

5.お申し込み
NPO法人“矢中の杜”の守り人事務局まで、ツアー希望日時と人数、申込者のお名前、電話番号を記載の上、ご連絡ください。
Tell :090-6303-4531(受付:10:00-17:00)
Email: yanaka.no.mori@gmail.com

主催 NPO法人“矢中の杜”の守り人
協力 北条街づくり振興会、カフェポステン

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

集合場所の旧田村呉服店(北条ふれあい館)
b0124462_1228365.jpg

宮本家住宅
b0124462_1229306.jpg

カフェ ポステン
b0124462_12295339.jpg

矢中の杜
b0124462_123098.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2017-03-05 12:32 | 北条街起こし | Comments(0)