江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
五月人形をしまっていたら、新品の袢天(袢纏)が見つかりました。
早速店蔵に飾りました。
前身頃です。よく見ると下の部分に宮清と灰色で染め抜いてあります。
b0124462_1994773.jpg

後身頃です。これは《ヤマニ》という宮清商店のマークです。
b0124462_19122543.jpg

なかなか絵になりますよね。一般的な袢天よりも丈が長いので、特別な時に着たものでしょう。
製造時期はわかりませんが、戦前であることは間違いないと思います。
松坂屋と三越と二種類の包装紙があって、三越のものには30枚口と書いてありました。
b0124462_1915454.jpg

宮清商店の袢天を今も持っている方に話を伺うことができました。
それによると、身頃を染め上げたものを、出入りの職人さんに渡し、奥さんたちが縫い上げる、という仕組みだったそうです。
縫い上げる前の布地も一緒に見つかりました。前立と身頃が別になっていますが、特に身頃は一枚の布地で全部つながっています。型紙があった訳でもなさそうなので、昔の女性陣は皆さん裁縫の素養があったんでしょうね。
b0124462_19415161.jpg

正月や、お祝い事、法事などのとき、これを羽織って手伝いに来てもらうのです。
何店ものお店に出入りすることが、職人さんのステータスで、正月などは、出入りの店々の袢天を何枚も重ねて着ることで、威勢を誇ったものだそうです。
[PR]
# by hojo4027 | 2008-05-11 19:58 | 古道具 | Comments(4)

SPレコードコンサート

なんとノスタルジック。なんとマイルド。今日はつくば市遠東にある「風土庵」で開催されたSPレコードによるクラシックコンサートに行ってきました。
風土庵はつくばでは有名なレストラン。
我が家には大正時代のSPレコードが100枚ほどあったので、その一部を持参がてら伺ったのです。ところが、大正時代のレコードは、骨董的価値は多少あるかも知れませんが、音楽的にはまったくだめ。国産SPレコードの品質ベストは昭和10年ころなんだそうです。そのベストな状態のレコードと聴き比べたらまさに月とスッポン。逆の言い方をすれば、SPレコードってこんなにいい音なんだと、気づかされたということ。ピチピチ音も気にならないどころか、むしろ心地よくさえ聞こえます。私も幼少のみぎり(?)、手回しの蓄音機を聞いた世代。なつかしくもあり、せつなくもあり、クリーミーなひと時をすごせました。絶対つぎの会も参加するぞー。

風土庵です。築100年の古民家をほとんど改装せず、レストランにしています。つくばスタイルにものっているので、知るひとぞ知る・・・というより超有名かな?
b0124462_19534982.jpg

この蓄音機はイギリス製だそうです。片面の演奏時間は4分くらい。交響曲だと6枚くらいのレコードセットになります。
b0124462_1957319.jpg

このビッグホーンは直径75センチ。それも紙製ですって。すごい。さらに、95センチのもあるそうです。「すごい」の2乗ですね。
b0124462_2064891.jpg

20名ほどの参加者で、ちょうどいい人数でしょうか。多くもなく、少なくもなく。
b0124462_2010099.jpg

途中の休憩ではすてきなケーキとすてきなおしゃべりもついて。至福のひと時でした。
ビッグホーンの搬出。ご苦労様です。
b0124462_20164925.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2008-05-10 20:17 | 北条付近の風景 | Comments(0)

薬師寺展のこと

巷で評判になっている薬師寺展をみてきました。NHKのテレビでもたびたび取り上げられているので、平日にもかかわらず、すごい人出でした。休日は大変なことになってるんでしょうね。
幸いにも朝早くに入館したので、制限はされませんでしたが、11時半に出てきたときは、すでに入館制限されていました。危なかった~。
日光、月光菩薩は、3メートル以上の像高があり、手を伸ばせば触れるくらいに間近で見られるのですから、その迫力たるや言葉にはできません。まして、お寺の本堂の薄暗いところで見るのと違って、きれいにライトアップされていますから、隅々まではっきり観ることができます。何度デジカメに手が伸びたことか。不純な欲求を抑えるのに必死でした。
私の一押しはなんといっても「聖観音菩薩立像」ですね。像高は1.9メートルとやや小振りですが、きりりとした立ち姿が気品に溢れていて、思わず鳥肌が立ってしまいました。こちらのライトアップは、日光、月光菩薩像のそれよりずっと良かったように思いました。ここだけで、13個のライトが使われていて(一生懸命数えたのでまず間違いないと思いますが)、そのうちトップライトが5個。非常に効果的でした。

東京国立博物館平成館の入場口付近です。
b0124462_17492871.jpg

10時ころです。まだそんなに混んでいません。
b0124462_17513016.jpg

入口の大きな看板。
b0124462_17531425.jpg

中の売店付近の混雑振り。
b0124462_17534334.jpg

11時半に出てきたときの状況です。おそらく40分くらいは待ちでしょう。
b0124462_182326.jpg

b0124462_1823254.jpg

そのあとは、ちょっと贅沢をして、精養軒でのランチを・・・
b0124462_1831459.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2008-05-08 18:12 | Comments(2)

クレマチス

最近、花の写真ばかりですみません。何しろ色んな花が咲く時期なんで
ついアップしたくなります。今日は、クレマチスを3体。
b0124462_21311659.jpg

紫や白などクレマチスは種類が多いんですかね。実を言うと花の名前はまったく知らないんです。もっぱらかみさんに聞いて覚えているところ。
b0124462_21334353.jpg

クレマチスはテッセンともいうんだそうです。これなんか別の種類と思ってしまいますがね。
b0124462_21353047.jpg

最後はつつじです。これなら、私にもわかります。
b0124462_21374939.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2008-05-07 21:41 | 庭の花々 | Comments(2)

久しぶりの晴天です。

晴れた日は絶好の撮影日和。
庭の木々や、草花の顔も輝いているようですね。
こんな日は平沢官衙遺跡から、北条の街並みを愛でながら
散策するのがベスト・・・と思うんですが。
我が家の一押し、アカバナ栃の木が全開です。
b0124462_21272615.jpg

赤い花の栃の木は珍しいんだそうです。
つぼみの時はこんな按配です。4月29日の撮影。
b0124462_21302572.jpg

今日はこんなに咲きました。
b0124462_21411810.jpg

サンザシの花が赤く色づいていました。
b0124462_21462394.jpg

アカメドウダン。
b0124462_2150594.jpg

次郎柿が若芽を目いっぱい広げて、秋の収穫を保障してくれているようです。
この柿を食べたら、ほかの柿は食べられません。
b0124462_2152558.jpg

珊瑚樹の若芽も四足門の傍らで武張っているようです。
b0124462_2155551.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2008-05-06 22:02 | 庭の花々 | Comments(0)