江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

近隣の花見どころ

つくば市近辺の桜の名所。3月31日現在、どのくらい咲いているんでしょうか。
こちらは農林省の通り抜け?
b0124462_19362514.jpg

まだ3分咲き、といったところです。
b0124462_19373935.jpg

菜の花は満開ですが・・・。

こちらは福岡堰の桜です。ここも3分咲き。
b0124462_19381728.jpg

けっこう咲いているところもあって。
b0124462_1939282.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2016-03-31 19:43 | 北条付近の風景 | Comments(0)
北条大池はこれからが桜のシーズンです。
2016年3月29日(火)10時のつぼみです。
b0124462_107427.jpg

早咲きの木もちらほらですが、全体はこんな塩梅です。
b0124462_1071627.jpg

b0124462_1073067.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2016-03-29 10:09 | 北条付近の風景 | Comments(0)

ろくろく上映会第三回目

宮清大蔵での「ろくろく上映会」では大変ご迷惑をおかけしました。
開始直前になってビデオデッキが動かなくなったのです。
それで自宅にあるデッキを持ってきてプロジェクターと接続しましたが、今度は絵は出ても音が出ない。あせりまくりましたが、花田さんのおかげで接続に成功!!!30分遅れでスタートできました。これ以上遅れたらエライことでした。
b0124462_540374.jpg

回を追うごとに参加者が増えています。
b0124462_5422739.jpg

当時、実際に撮影されたカメラマンさんのお話も臨場感一杯で素晴らしいものでした。奥三面の隣り村出身の方もかけつけてくれました。このビデオ、2時間半の上映時間ですが、なんと、これは前半戦!後半戦は秋に上映する予定とのこと。いよいよ湖底に沈む三面村の様子が映し出されるのでしょうか。涙なしで見られるのかなあ。乞うご期待、です。
[PR]
by hojo4027 | 2016-03-28 05:52 | 北条街起こし | Comments(0)
矢中の杜、御殿まるごとマーケット。オープンです。
朝からお客様が一杯!!!
b0124462_15545999.jpg

b0124462_15551996.jpg

b0124462_15554071.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2016-03-26 15:55 | 北条街起こし | Comments(0)
明治期の地図がいろいろ出て着ました。
日本全図暗射指南譜
b0124462_5225352.jpg

明治8年の発行です。暗射とは白地図のことみたいです。
折本形式で、全体が2メートルくらいあります。
全国を五畿七道に分け、府県名・開港場・大川・海峡・港湾などが書かれています。それに白地図が載っています。この頃の教育史料だそう。
b0124462_5363280.jpg

これは川の部分。
b0124462_539322.jpg

北海道
b0124462_5401746.jpg

東山道
b0124462_5424820.jpg

東海道と北陸道、畿内でしょうか。
b0124462_544339.jpg

畿内、山陽道、山陰道、南海道あたり。
b0124462_5474487.jpg

結構道路が整備されていたようです。参勤交代のおかげなんでしょうね。
[PR]
by hojo4027 | 2016-03-24 05:52 | 古道具 | Comments(0)

我が家の春

春の訪れ三種です。
裏堀に咲くあんず、さんしゅゆ、ゆきやなぎ。後ろの稜線の電波塔は宝篋山。
b0124462_13342822.jpg


手前から、ゆきやなぎ。
b0124462_16235047.jpg

さんしゅゆ。
b0124462_16242320.jpg

b0124462_16243671.jpg

あんず。
b0124462_16512717.jpg

b0124462_16522139.jpg

あんずのおまけ。
b0124462_1653492.jpg

今年はあんずジャムがどれだけ出来るでしょうか。
[PR]
by hojo4027 | 2016-03-22 16:55 | 庭の花々 | Comments(0)

「いばらき子ども大学」

「いばらき子ども大学」という県のプロジェクトがあります。茨城県全土を大学キャンパスとして ”子どもに与えたい、学校教育では味わえない夢と学びを!” をコンセプトに、2014年7月に第一期「いばらき子ども大学」を開校。2015年度が第二期です。その第二期の最後の授業が宮清大蔵で行われました。
b0124462_2118812.jpg

県南地区では、筑波大学が指導して「子どもの遊びから考えるまちづくり」をテーマに活動しました。北条の町の中で昔の遊びを体験することを通して、まちづくりに関心を持ってもらおうというもののようです。
大蔵の中では、オリエンテーションやグループ作業を行いました。
可愛い靴が集まりました。
b0124462_529434.jpg

b0124462_22255194.jpg

県南の各地から集まった、4年生から6年生までの30人ほどの子どもたちが6グループに分かれて話し合ったり、地図に気のついたことを落とし込んだりします。
b0124462_2226456.jpg

実習では、裏堀でザリガニ釣りに挑戦しました。
b0124462_22305584.jpg

家の庭では「缶ぽっくり」で歩き回ります。
b0124462_22321368.jpg

柄にもなく今から〇十年前を思い出しました。
大蔵もいろんな活用の仕方があるものです。これを機会に北条に遊びに来てくれればありがたいのですが。
[PR]
by hojo4027 | 2016-03-12 22:35 | なんだかんだ | Comments(0)
清閑亭は旧黒田長成侯爵別邸。黒田長成は黒田官兵衛の直系の子孫です。いまは小田原市の所有です。知り合いの方の蒐集したお雛さまが多数展示されています。先日はその方の講演もあり、有意義な見学でした。
b0124462_1973451.jpg

おしゃれな数奇屋造りの別荘です。

b0124462_16594145.jpg

二階の和室もすっきりした雰囲気で、相模湾を遠望できる高台にあります。
一階部分をフルに使った展示は色々な雛飾りが楽しめました。講演での解説があったおかげで、ただ見るだけよりも何倍もおもしろく、こういう親切な展示方法には頭が下がります。

これは龍村織を着たお雛さま。なんと贅沢な!
b0124462_18595995.jpg

b0124462_1901663.jpg

他にもいろいろなお雛様が展示されていました。
b0124462_18585036.jpg

b0124462_1932747.jpg


こちらは知り合いの方が結婚式のときに着たという内掛。絢爛豪華とでもいうんでしょうか。
b0124462_1955095.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2016-03-10 19:08 | なんだかんだ | Comments(0)

小田原のひな祭り

知り合いのお招きで、小田原のお雛さまを見に行きました。
小田原といえば、お城です。いまは耐震工事で修復中です。
b0124462_1059876.jpg

小田原といえば、いま旬?の真田丸で北条氏政が悪大名役で頑張ってますね。
小田原といえば、最近のNHKぶらタモリで放映されていました。江戸の「総構え」は小田原が原点だとか。
小田原といえば、小田原合戦。
b0124462_112348.jpg

このときに家康などの大名が守りの固さを実感したんでしょうね。
小田原といえば、「ういろう」。全国で一つしかない苗字、「外郎(ういろう)」家のご当主から教えていただきました。
これが「ういろう」のお店。まるでお城です。小田原城ではありません。れっきとした民間の建物です。
b0124462_116531.jpg

中国で一千年、日本で六百年という伝統と格式を誇る稀有なお家柄。そもそも「ういろう」家は丸薬の製造、販売を生業としていました。のちにお菓子の「ういろう」も製造しはじめたということ。ですからお菓子もこちらがご本家。
お店の裏にある土蔵を改装して「ういろう博物館」として一般公開もしています。
そこにはなんと、市川団十郎演じる、歌舞伎十八番「外郎売り」の写真とサインが展示してあるではありませんか。二代目団十郎がここの丸薬で病いが癒え、それが縁で演目になったのだそうです。先般亡くなられた十二代目団十郎によって復活上演されましたが、都度、外郎家にご挨拶に見えたんだとか。いい勉強になりました。
b0124462_11263621.jpg


ようやくお雛さまにたどり着きます。
清閑亭です。
b0124462_11275890.jpg

続く。
[PR]
by hojo4027 | 2016-03-09 11:30 | なんだかんだ | Comments(0)