江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

中国の写真集

戦前の中国関連の写真集が出てきました。

大きさは7センチ×9センチ。
昔の名刺版くらいの大きさでしょうか。
一袋に8枚ほどが入っています。

東亜風俗編。
b0124462_1114529.jpg

天津の印象
b0124462_11153351.jpg

江南の印象
b0124462_1116235.jpg


中の写真をいくつか。
b0124462_1117463.jpg

b0124462_11173733.jpg

b0124462_1118162.jpg


この写真集を中国の留学生の方にお見せする機会がありました。
その中の西湖という写真をご覧になったとき、
「これは私のふるさとの写真です」といって懐かしそうに見入っていました。
あの広い中国のこと。偶然とはいえ、以前から有名な景勝地だったのでしょう。
b0124462_1118471.jpg

西湖は、浙江省の省都、杭州にあるんだそうです。

これはその方から教えてもらった
中国のホームページの画面から撮った西湖です。
b0124462_11192780.jpg

こんなやり取りをすると、ぐっと中国が身近に感じられます。
中国語のホームページも初めて見ました。中国語で書いてあるんです!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-26 11:21 | 古道具 | Comments(6)

ふるい碍子(がいし)

ふだん目につきにくいところにある、碍子(がいし)。
時々この碍子を見つけた方が、懐かしがっておられるので、
あちこちにある碍子を撮ってみました。

まずは店蔵の天井です。
b0124462_14465644.jpg

アップにします。
b0124462_144895.jpg

いまは通電していません。

母屋の土間部分の碍子です。
b0124462_14502611.jpg

これもアップにします。
b0124462_14512574.jpg

しつこくさらにアップ。
b0124462_1452655.jpg


こうやって見ると結構残っているんです。
なんでも捨てないで取っておくと、骨董品になるんですね。

四足門にもありました。
b0124462_1452517.jpg


新蔵の前にも。
b0124462_14532060.jpg

この電燈の笠なんか錆び付いていますが、
見方によっては、いい味かも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-24 14:55 | 古道具 | Comments(4)

春の芝焼き

これは最近の平沢官衙遺跡です。
b0124462_14173934.jpg


こんな風景も。
b0124462_14182974.jpg

近くの中学生の部活でしょう。トレーニングの場としても使われているようです。
今度の2月27日土曜日、恒例の芝焼きが行われます。
お知らせのチラシです。
b0124462_14194470.jpg

去年は「平和」という文字を焼き上げました。

今年はどんな文字でしょうか。
b0124462_14223414.jpg

一面の枯れ芝に方形に線を引いて文字を書きます。

ミニコンサートもあるようですね。

きのう、遺跡の中で、不審な(?)3人組を見かけました。
話を聞いてみると、ある自動車ラリーに参加していて、
平沢官衙遺跡がひとつのターゲットになっているとのこと。
面白そうなので、詳しく聞いたら、ちょうど21日で終了なんだそうです。

ご興味のある方はこちらをご覧あれかし。
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-22 14:24 | 平沢官衙遺跡 | Comments(0)

小田城の発掘調査

きのう、つくばカピオで
「小田城跡~発掘調査の成果から~」
というシンポジウムがありました。

この手のシンポジウムとしてはかなり多くの
観客が来ていました。
b0124462_8552296.jpg

この写真は始まる10分前。
この後も観客が増えて、7割方席は埋まっていました。

つくば市職員の広瀬さんは実際の発掘現場の話、
江戸東京博物館の斉藤さんは、小田城に関連する
近隣の情勢や城と街の関係など大変分かりやすい説明をされていて、
飽きずに聞けました。(途中で寝なくて済みました。)

これは城の本丸の外側にこんな遺構がある、といった
説の紹介です。
b0124462_942195.jpg

周囲の青い線がそれにあたるとのこと。

最後に8人の方々が登壇して、それぞれの意見や感想を述べていました。
b0124462_962664.jpg

ちょっと時間が少なかったですね。
しかし、全部で3時間というのはちょうど良い長さだったのではないでしょうか。
それ以上だと、集中できない人もででくるのでは?
(実はワタクシめ^^;)
新潟出身の身にとっては、上杉謙信の軍と戦闘があった
というくだりでは、一瞬にして、雪深いふるさとに思いをはせたのであります。

数年後には歴史公園になります。
b0124462_9114988.jpg

大いに期待したいものです。
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-21 09:13 | 北条付近の風景 | Comments(2)

土木遺産のこと

以前、ブログのコメント欄で問い合わせがありました。
このつたないブログのなかの写真を借用したいとのお話。

そこには、「近世以前の土木遺産・日本初全国調査の全データを公開」
という稀有壮大な調査の事が語られておりました。

依頼者は岡山大学大学院の馬場俊介教授。

教授の許可を得てここにご報告します。

これが対象になったブログで、5番目の裏堀の写真です。

この写真が撮影者名つきで掲載されています。
ほかにもつくば市では
・筑波山神社のご神橋
・つくば道道標
が取り上げられています。

調査データは「近世以前の土木遺産」で検索をお願いします。
この中の茨城県版をクリックするとご覧になれます。

茨城県内のリストアップ物件は多くあるのですが、
写真があまりないようです。
馬場教授からは、ぜひ資料提供をお願いしたいとのこと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-19 16:01 | なんだかんだ | Comments(0)
今年の雪は、だんだん多く積もるんですねえ。

蔵王という訳にはいきませんが、
樹氷(?)ということで、お目を煩わせます。

まずは、ケヤキ2態。
b0124462_20324377.jpg

b0124462_20332222.jpg


もみじです。
b0124462_20341066.jpg


アカバナ栃の木。
b0124462_2035816.jpg


春の淡雪というところでしょうか。
午後にはすっかり消えてしまいましたね。
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-18 20:36 | なんだかんだ | Comments(0)
筑波鉄道に「常陸藤沢」という駅がありました。
そこにある髪塚が今日のテーマです。
この髪塚は聞いたことがなかったので、現地に行ってみました。
ワタクシめにとって初めての歴史探訪(笑)ではあります。

これは、南から見た藤沢台地。左手に常陸藤沢駅跡があります。
b0124462_1435545.jpg

ズームアップしました。中心にあるのが藤沢駅跡。
b0124462_1442416.jpg

その藤沢駅跡の真北(写真では奥)の高台が藤沢城址で、その脇に髪塚がありました。


大正時代の藤原藤房の髪塚。               こちらは現在の塚の様子。
b0124462_13465439.jpg
b0124462_1444459.jpg

左右に石碑がありますが、建立年などは見当たりません。
右手の石碑の台座は昭和8年に建て替えたと彫ってありました。
真ん中の木を見てください。太さがまるで違います。
筑波鉄道は大正初期の設立ですから、
80~90年位の間にこれだけ生長したということでしょう。

由来が書いてあります。
b0124462_14111573.jpg


隣に80坪くらいの畑あとがあって、礎石らしき石がありました。
b0124462_1484195.jpg

b0124462_14123643.jpg

近所の古老の話では、これが城跡といわれているようです。

この絵葉書はいろいろ勉強になります。
何しろ後醍醐天皇がでてくるんですから、たいへんです。
世は鎌倉時代、南北朝時代といいますから、1330年ころのお話。

この時代、北畠親房の神皇正統記が近隣の小田城で執筆された、
ということを合わせ考えると、このあたりはいわゆる南朝と縁が深かったのでしょうか。

藤原藤房さんは万里小路(までのこうじ)藤房とおっしゃる中納言さんです。
えらいんです。
後醍醐天皇の側近だったようで、常陸には配流されたのです。
でなきゃ都の公達がこんな田舎(失礼)に居るわけがありません。
そのころ、藤沢には藤沢城
というのがあったらしく、藤房さんしばらくはこちらに居ったようです。
このネット記事によると、当時の城域はかなり広かったようですが、
今となっては、往時の面影をしのぶべくもありません。
周囲には住宅が密集しており、復元などはとても考えられない状況です。

そう考えると、わが北条の城山は、まだ城域がはっきりしているだけ
何とかなりそうにも思えます。何とかして欲しいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-17 15:01 | 古道具 | Comments(0)

お雛様 ふろくです。

「おさいくあそび」のお雛様バージョンです。
b0124462_10541612.jpg

りんごのほっぺがなんとも愛くるしいです。

この辺の細かさは、ヤローではとても対応できません。
b0124462_10544616.jpg

b0124462_10551271.jpg

b0124462_1056173.jpg


これは、実際に使ったあとの台紙です。
b0124462_10563329.jpg

こんな切り抜いたものまで残してあるとは驚きです。
昔の人は、すべてに丁寧だったのでしょうか。
丁寧さの証明みたいな感じですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-16 11:08 | 古道具 | Comments(0)

お雛さま

まもなくお雛様です。
お隣の真壁地区はえらい騒ぎで、去年は期間中10万人が訪れたとか。

わがつくば北条でもガンバンベー。
とはいえ彼我の差は大きすぎますね。

ほそぼそと、かつひそやかにお雛様をお祝いするのもまた楽しからずや。
(相当自虐的ではあります)

まずは、岩崎屋の店頭に豪華な7段飾り雛。
b0124462_11393539.jpg

b0124462_11402356.jpg

まあ田舎ではまだまだ7段が普通でありますよ。

次は、近江屋酒店さんの7段飾り。
b0124462_11405613.jpg

店舗の中ですが、ウインドウ越しによく見えます。

とり文さんのは3段です。台座がしっかりした造りになっています。
b0124462_11413173.jpg

ウインドウの大きさで仕方なくこのくらい。
とり文さんではもうひとつのウインドウにも飾りたいそうで、
3段くらいのお雛飾りがあったら飾りますとのこと。
お雛様も仕舞っておけばいいってもんじゃありません。
たまにはお日様とご対面させてあげてくださいな。

田村呉服店さんのお雛様。7段が2組並んでいます。
b0124462_11424725.jpg

ふたつ並ぶと豪華です。

そして、我が家のは5対のお内裏様とお雛様。
b0124462_11434365.jpg

なぜかほかの3人官女や5人囃しが見当たりません。
時代も良く分からず、かなり傷んでいるのもあって、
修繕が必要です。

奥の箱階段に飾ってあるので、外からはみえません。
ぜひ店蔵の中にお入りください。

顔立ちなどは去年のブログに詳しく載せています。
ほかのお店でも、お雛様を飾ってみませんか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-15 11:49 | 古道具 | Comments(10)

またまた雪ですね。

昨晩からの雪で、結構つもりました。
霧も出てきていたので、
あわててカメラをもって飛び出しました。
結果は、今までと大して変わりません。あしからず。
まったくの自己満足で・・・。

まずは手近かなところから。
b0124462_11465950.jpg

普段がモノトーンなので、屋根の雪がまったく目立ちません。

多少、角度を変えてみました。大雪みたい?
b0124462_11492465.jpg

まあ、記録程度です。

これはお隣の屋根。なかなかいい雰囲気でしょう。
b0124462_11502764.jpg

晴れていると、バックに筑波山が見えるんですが。

次は近くの散歩コース。山口、平沢地区の雪景色。
b0124462_1152873.jpg

b0124462_11523452.jpg

b0124462_1153095.jpg

まさに深山幽谷の世界です。
雪が積もると、別世界になります。
しっかり堪能してきました。
[PR]
by hojo4027 | 2010-02-14 11:56 | なんだかんだ | Comments(4)