江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん

<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

坂野家住宅

水海道にある坂野家住宅を見学してきました。
前から行って見たかったのですが、
ようやくチャンスが来て・・・。
このあたりでは、”超”のつく有名どころです。

まず、竹林がお出迎えです。屋敷の豪壮さを暗示させます。
b0124462_1613392.jpg

パンフレットから平面図をとりました。
b0124462_16163737.jpg

敷地は3000坪だそうです。

案内板。
b0124462_16145814.jpg

重要文化財の主屋(おもや)です。
b0124462_1615080.jpg

薬医門(表門)からみたところ。ピンボケで申し訳ありません。

書院のお座敷です。
b0124462_16183558.jpg


裏にある文庫蔵です。中には入れません。ほかは全部見学できます。
b0124462_1619292.jpg


主屋の裏側です。
b0124462_16263340.jpg

市の管理になっているので、隅々まできれいに手入れされていて、
気持ちがいいですね。

月に4~5回はドラマや、映画のロケが入るとのこと。
有名どころの番組や映画では必ずといっていいほど
利用されています。
下世話な話で、貸し賃は?と聞くと、
ロケで使った時間の入場料だけいただきます、ですって。
市営ですから、一人300円の入場料。平均何人入場するかは
聞きませんでしたが、8時間使っても、ただみたいなものでしょう。
さすが、市は鷹揚ですね。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-29 16:28 | なんだかんだ | Comments(0)
まちかど音楽祭のリーフレットのデータが
手に入りましたので、再アップします。
裏面の詳細版です。
b0124462_9444927.jpg

これで200%まで拡大できれば、内容を読むことができそうです。

表面もアップしておきます。
b0124462_9511164.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2009-09-29 09:51 | 北条街起こし | Comments(2)
2009年10月12日(祝月)の「つくば北条音♪絵巻」のリーフレットができました。
表面です。
b0124462_1651655.jpg

表面には、演奏者の一部写真が所狭しと並んでいます。
総勢70名ほどが出場するので、全部は出しきれません。

裏面は会場ごとの詳細が掲載されています。
b0124462_16553687.jpg

子供サッカー教室もなぜか同時開催です。
場所は「北条小学校体育館」
NPO法人「つくばフットボールクラブ」が指導してくれます。
そんなことも掲載されています。

リーフレットの絶対数が少ないようです。
お手元に届かない場合はPDF版を「つくばまちかど」で検索してください。
このブログから直接飛ばせるといいのですが、
エキサイトブログで可能かどうかわかりません。
北条街づくり振興会で作った
新バージョンのホームページ(http://www.tsukuba-hojo.jp)にも、
PDF版は載せられませんので、あしからず。
ホームページも改良の余地ありありです。

なにはともあれ、大勢のご参加をお待ちしています。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-27 17:15 | 北条街起こし | Comments(0)

北条村地租台帳

明治時代の地租金台帳なるものが出土(?)しました。
大きさはB5版です。30ページ。
b0124462_1735282.jpg

明治14年の北條です。数えたら、130人の名前がありました。
130戸あったということか、もっと戸数はあったのか、どうなんでしょうね。

ほかの方のはまずいので、宮本清兵衛名のところを写しました。
これもまずいのかな?
b0124462_177130.jpg

よく読めませんが、数字なら何とか。
52円くらいでしょうか。当時のですから、えらく税金を納めていたことになります。
今は、ぜんぜん少ないです。ハイ。

なにやら割り印のような痕跡があります。
b0124462_1781074.jpg

どんな使い方をしたのでしょうか。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-25 17:20 | 古道具 | Comments(2)
8月12日付けでお知らせした、筑波大学ADPのふるいやプロジェクト。
ADPは筑波大学の授業の一単位です。

教室をとびだして、北条をキャンバスに見たてて
いろいろな取り組みを行います。
「多気太郎万灯」もそのひとつです。

別なプロジェクトとして、先月から月一回、
「北条町ものがたり」を発行しています。

以前、「月刊北条」という新聞を発行していましたが、
その続編というところ。

A4版両面一色刷りで、町内のいろんな方々を取り上げようというもの。
「ふるいや」が活動拠点となっていて、
毎週土曜日にお店を開けて、
エブリボディ・ウエルカム!!!だそうです。
b0124462_17251651.jpg

編集会議の図。(ピンボケは例によってプライバシー保護のため?(笑))

第一号は「ふるいや」のこと。まず、足元を固めようというわけでしょうか。
b0124462_17322284.jpg

8月の万灯のことや「ふるいや」の由来などが書かれています。

第二号はつい先日発行されました。
b0124462_17345964.jpg

b0124462_17434280.jpg

えびすやさんの人となりが紹介されていて、
ワタクシめも知らないことが語られていたりして。

どのくらい続けていけるのでしょうか。
継続は力なり、ですね正人さん。

惜しむらくは、発行部数がすくないこと。
せっかくですから、すくなくとも北条全戸に配ることが
できれば、と思います。

とりあえず、岩崎屋には置いてあるようです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-24 17:45 | 「ふるいや」 | Comments(0)

つくば北条米

新米の季節です。
筑波山麓の田んぼでも
こんなに実りました。
b0124462_9235967.jpg

稲刈りは、すでに終盤戦です。
b0124462_9255078.jpg

このあたりでは、稲の天日干しが随所にみられます。
b0124462_9261729.jpg

この方法が一番贅沢なんでしょうね。
ワタクシめの実家、新潟での天日干しは、
あぜ道にずらっと植えられた背の高いあぜ木に縄を張って
稲をつるしていました。最近ではこのあぜ木も
見られなくなったようで、さびしい限りです。
まあ、作業する立場から見たら、ずいぶん楽になったのでしょうから、
文句を言う筋合いではないんですが・・・。

もう新米を食べた方は多いと思います。
我が家では、近くの農家から直接
頂いています。その一部が先日届きました。
b0124462_9321141.jpg

この30キロ(半俵)の俵は、とても持てないので、
スーパーのビニール袋に小分けして蔵の中にしまいます。

しばらくは新米のおいしさを堪能できますね。
北条米は古米でもおいしいですが。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-23 09:38 | 北条街起こし | Comments(4)

お彼岸

20日がお彼岸の中日でしたね。
遅ればせながら、庭に咲いている彼岸花です。
b0124462_9484281.jpg

この花は、個人的にはあまり好きではありません。
確かに彼岸の頃に咲くから、それなりの雰囲気ではあります。
てあるからこそ、何か暗いイメージが付きまとう、と感じてしまいます。
偏見ですかね?

実は我が家のお墓にも自然に生えた彼岸花が咲いています。
ほんの一輪です。

最近は、彼岸花の群生を見に行く方もおられるとか。
季節感があるだけでも、良しとしますか。

北条のHP、トピックス&イベントリポート欄に「ふるいや」の映画会を
載せました。ご覧ください。
現在、両方やっているので、大変です。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-22 09:57 | 庭の花々 | Comments(4)

岩崎屋の店番

今日は、つくば北条ふれあい館 岩崎屋の店番担当の日でした。
北条米スクリーム、特にブルーベリー味が好評でした。
ブルーベリー味は期間限定で、今月中、いやこの連休中には売り切れに
なりそうな勢いです。
まだの方は早めにお出でくださいませませ。
きのうもかなりのお客様が来店されたようです。

今日の座敷の様子です。
b0124462_2022389.jpg

マイスクリームを座敷で召し上がる方が多く、皆様に好評でした。
そんななか、横浜からのご一行は、筑波山麓で農家を借り切って
月に2回畑を耕しにお出でになるんだそうです。
そういえば、田んぼを借りて稲作に挑戦している方もいました。
こんなことがかえって大変な贅沢になる時代なのでしょうね。

岩崎屋店頭から見た、北条の町並み。
b0124462_20245310.jpg

この風景のなかに、多くの人が集まるのはいつになるのでしょうか。
地道な活動が一番の近道なのかも。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-20 20:33 | 北条街起こし | Comments(2)

馬頭町のこと その2

9月9日にアップした馬頭町には、乾徳寺という古刹があります。
参道から見た乾徳寺です。
b0124462_165353.jpg

うしろが山になっていて、敷地面積は一町歩もあるでしょうか。
歩いているのが前住職さん。

本堂です。
b0124462_16545468.jpg


先ほどの90歳の前住職さんがいろいろ説明してくださいました。
b0124462_16563290.jpg

秋は、もみじの紅葉がすばらしいとのこと。
「私が植えたんですよ」相当思い入れがあるようです。
戦争中は大きな木を全部きられてしまった、と嘆いておられました。

お寺の由来です。
b0124462_16572096.jpg

これによると、鎌倉末期、下野は宇都宮氏の支族であった武茂(むも)氏の菩提寺だとか。
7~800年も前のことになります。

北条にもある宝鏡印塔が40基もあるようで、古色蒼然としています。
b0124462_1719323.jpg

馬頭町指定史跡ですが、もっと価値があるような気がします。

秋の紅葉の穴場でしょうか、ぜひ来て見たいものです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-18 17:26 | なんだかんだ | Comments(0)
正式には(単に間違えただけですが)
明治十二年の町内組議定簿ですね。
もう一度アップしておきます。
b0124462_20220100.jpg

こちらは、同じ簿につづられていた、昭和五年の丁内経済緊縮実行規定
b0124462_20264437.jpg

婚礼に関する事項
   (一)婚礼に用いる衣類調度は成るべく質素を旨とし
      従来の因襲に囚われず、華美に流れざること
   (二)結婚式及び披露は簡略に○し、招待客は近親者に限ること

常会の主な仕事、役割は葬式の仕切りですので、いっぱい決め事があります。

葬儀に関する事項
   (一)~(三)までは判読不能
   (四)引物撒銭は廃止す・・・撒銭とはお金をばら撒いたのでしょうか。
                    引物なしってちょっと乱暴です。建て前ならわかるんですが。
b0124462_20281227.jpg

   (五)御大儀振舞は廃止すること
   (六)町内墓詣は翌日一日限り、初七日三十五日四十九日は近親者たること。
      当家へ金品寄贈をせざること・・・香典もだめなんですかね?
   (七)三十五日引物は丁内に関係なく病気見舞の返礼として差支えなし。
      但し、都度の返礼の贈受せざること。・・・意味がわかりません。
   (八)通夜は丁内一般午後十二時限りとすること。
      但し近親者懇意の方はこの限りにあらず。・・・結局全部オーケーのようで。

 右條々本日より堅く相守るべきこと。・・・ほんとに守られたんでしょうか、はなはだ疑問です。

  昭和五年三月                 北條仲町中丁

こうやって打ち込んでみると、なんということはないんですが、
開戦前当時の世相の雰囲気が伝わってくるような気がします。
[PR]
by hojo4027 | 2009-09-17 20:39 | 古道具 | Comments(0)