江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

天保の箱

我が家には、製作年号が分かる箱や、引き出しなどが
少なくとも4つあります。

そのうちのひとつがこの箱です。
b0124462_19154633.jpg

天保三年壬辰三月之を作る。とあります。
うえにサンプルの猪口を載せてみました。
中は、
b0124462_19182012.jpg

新聞紙がみえますが、最近(といっても戦前ではありましょうが)まで
使っていたのでしょう。

ほかの脇板にも墨痕鮮やかに文字が書かれています。
b0124462_19205742.jpg

読めません。

何とかの「猪口」とあります。
b0124462_19215818.jpg


「宮本清兵衛」これは読めます。
b0124462_19231170.jpg


ふたの部分にはこんなマークが・・・。
b0124462_1924046.jpg


天保三年とは1833年、明治維新の35年前です。
この頃活躍していた有名人は、
葛飾北斎、間宮林蔵、徳川家慶、遠山金四郎などだそうです。
なんとなく親しみが湧いてくるから不思議です。

ほかの箱も後日ご紹介します。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-28 19:28 | 古道具 | Comments(6)

戦後の女性文化 その2

「可憐」と題した絵です。
b0124462_2131718.jpg

う~む。なんと申しましょうか・・・。

「うれい」は源氏物語絵巻から引用しています。
b0124462_21312949.jpg

なんとなく分かるような気がします。

「嫉妬」
目がこわいなあ。このあたりは、いまも昔も変わらないようですね。
b0124462_21315464.jpg

女性分析はこのくらいにして、
今 日出海さんの女性分析は今とまるっきり逆のような感じです。
b0124462_21331456.jpg

読んでみるとなかなか面白いんです。

当時のコマーシャルを2題。
b0124462_21333896.jpg


こちらは裏表紙のもの。
右上にあるのは塩野義製薬のマークです。
b0124462_21335788.jpg

シオノギは明治11年創業だそうです。

ひたすらレトロです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-25 21:50 | 古道具 | Comments(0)

戦後の女性文化

昭和23年発行の女性文化誌「ら・ふあむ」を見つけました。
大阪の大丸百貨店が季刊で出していたものの、2号目のものです。
残念ながら第一号はありませんでした。
b0124462_2031544.jpg

目次の一部です。
b0124462_20323895.jpg

志賀直哉なんかも寄稿してるんですね。
ちょっと見てみますか。
b0124462_20334430.jpg

こんなものもありますよ。
b0124462_2035493.jpg

絵画にあらはれた・・・とありますが、12枚の絵が一覧になっています。
b0124462_20353068.jpg

これは「慈悲」だそうで、まさに女性は仏様。
ちょっと持ち上げすぎじゃあありませんかって。
b0124462_2036651.jpg

「羞恥」。いまどきの女衆には縁遠いような、死語のような・・・。
b0124462_20363732.jpg

後は次回にて。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-24 20:44 | 古道具 | Comments(0)

寛永通宝

二階の物置から大物が出てきました。
もしかして千両箱?
b0124462_2182245.jpg

そんな訳ないです。
中身は・・・寛永通宝でした。
b0124462_21101120.jpg

何枚入ってるんでしょうか。
b0124462_21111611.jpg

江戸時代にはこのように紐で束ねた形で流通した場合もあったようです。
これでおよそ、120~130枚くらいです。
b0124462_21135276.jpg

間違いなく、寛永通宝です。
江戸時代、230年間に300~400億枚鋳造されたそうで、
造られた時代によって、骨董的価値がずいぶん違うみたいです。
このほかに、祖父あたりが蒐集もしていたようで、
ストックブックに色んな種類の寛永通宝が並んでいました。
機会があれば、写真にとってみたいと思います。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-23 21:21 | 古道具 | Comments(2)

矢中御殿

つくば北条の町の真ん中に、
かつて「矢中御殿」と呼ばれた建物があります。

昭和20年頃、つまり戦前から戦中にかけて建設された
事業家の別邸です。
もう40年以上も放置され、荒れ放題になっていました。

最近持ち主が変わり、大掃除がはじまりました。
7月の北条の祇園祭にお披露目しようと、
筑波大生も加わって大車輪の日々です。

玄関周りの様子です。学生さんが木の剪定
をしているようです。落ちないでチョーダイ。
b0124462_20494774.jpg


きれいになった、西洋館の一部です。
(この建物は、南北にふたつの棟からできています。)
b0124462_20504219.jpg

欄間のは、汚れではありません。後日明らかにします。
周囲のふすまは板貼りできれいな絵がかいてあります。
b0124462_20525726.jpg

b0124462_20531326.jpg

鮮やかな色遣いです。

日本館の二階です。
b0124462_20535827.jpg

和洋折衷で、なにやら明治の開国当時、外国との交渉に使われた・・・
といった風情です。ふすまや椅子の背もたれに京都の西陣織りが使われているとか。

よくみると、
b0124462_2057967.jpg

ふすまにガラスがはめ込んであります。初めてみました。

このあと、どんな風に変わっていくかたのしみです。
乞う、ご期待!!!
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-20 21:05 | なんだかんだ | Comments(15)

手風琴

明治の書物が出てきました。
「手風琴獨まなび」
b0124462_19363914.jpg

上の巻、下の巻の二巻セットです。これは下の巻。
落書きがありますね。よほど退屈だったのでしょう。
明治35年、十字屋発行です。
十字屋さんはいまも銀座十字屋として営業しています。

手風琴とはアコーデオンのことですって。知らなんだ。
b0124462_19535543.jpg

「はしがき」がおもしろいんです。
b0124462_1955635.jpg

「アッコージョン」と表現しているのも時代ですね。

「其音色は重々しい上品な地へ快活な音を加へて
実に実にうぐいすが春の花に
さへづるとでも形容しましやうか、
また天津乙女が天上に音楽を奏するとでも申さうか・・・」

なんとも大仰な形容です。
当時はほかに楽器の種類が少なくて、
こんな大げさな表現でも、みなさん納得したのでしょうか。

楽譜も数字で音符を表しています。
ちなみに尺八は「ロツレチリ」というカタカナで楽譜ができていましたっけ。
b0124462_2075172.jpg

勧進帳はこんな風です。
b0124462_2093273.jpg

ん?勧進帳をアコーデオンで弾く?
よくわかりません。

PS 写真の左うえに影が見えますが、どうもデジカメが
故障したらしいのです。
見にくくて申し訳ありません。
修理に出すしかないなあ。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-18 20:21 | 古道具 | Comments(10)

蓄音機

宮清大蔵で音楽が演奏されるようになってから
店蔵でも音楽を聴いていただくことが多くなりました。

いま、店蔵には2台の蓄音機があります。
実はこの2台とも、お借りしているものです。

以前、ブログで(2008年5月17日付け)ご紹介した方が
SPレコードがあるのに、蓄音機がないんじゃね、
とのことで、お貸しいただいています。

たまたま、そのブログに載っている2台が我が家に来ているのです。
これは、三光堂というメーカーのもの。
b0124462_20241640.jpg

SANKODO DISC GRAPHOPHONE と書いてあります。
b0124462_2025958.jpg

下段には、三光堂の営業所の所在地が。
東京、大阪、北京、ソウル、シンガポール、ウラジオストックなど、
戦前、東アジアに進出していた日本帝国の雰囲気が読み取れますね。

もう1台は、日本ビクター製。
b0124462_20335947.jpg

かの有名な「His Masters Voice」です。
b0124462_2034302.jpg

ヘッドも黒光りして、年輪を感じさせてくれます。
b0124462_2039515.jpg


我が家のSPレコードの山(?)です。これぞまさしく箱入り娘(?)。
b0124462_20414735.jpg

この6箱のほかにも出てきたので、200枚くらいはあるでしょうか。
一枚取り出してみました。
b0124462_2041872.jpg

そうとう磨り減っているようです。
すべて、大正時代の録音のため音は非常に悪く、
何を言っているのか判別しがたいところがあります。
b0124462_20432497.jpg

流行唄 松井須磨子・・・
これをご存知の方は、後期高齢者の仲間入りですかね。

実際には昭和初期に録音された外国製のクラシック盤を
かけていますが、初めてお聴きになる方がほとんどです。

みなさん郷愁を感じられるようです。
電気は一切使っていないので、ボリューム調整はできません。
ラッパの大きさと、針からラッパまでの長さで音の大きさが
決まるようです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-17 20:56 | 古道具 | Comments(2)
つくば青年会議所主催の
第一回 ツール・ド・つくば が開催されました。
予想天気も見事に(^^)はずれ、
微風、うす曇、絶好のコンディションです。

200名のエントリー選手は、筑波支所に集合し、その後
平沢官衙遺跡前のスタート地点に移動しました。
そのおり、なんとつくば北条市街を通って行ったんですって。
カラフルなライダー達が我が家の前を通っていったとは。
絶好のシャッターチャンスをのがしてしまいました。
しかししかし、雑誌「つくばスタイル」の次号に載るかもしれない
との情報も得ました。やれ安心。

そこで、気を取り直してスタート地点の写真を・・・。
b0124462_17422874.jpg

200名が6つのカテゴリーごとに5分間隔でスタートします。
一度のスタートじゃ、不動峠の狭い道、落車は必至。
主催者側もそこは慎重です。
さらに、レースは上り区間のみ。
くだりは事故が心配と、走り終わった選手はバスで、自転車はトラックで
それぞれ集合場所の筑波支所まで搬送なんです。これならね。

最初は、トップクラスの12名ほどがスタートしました。
b0124462_17463196.jpg

左側のスターターはつくば市の副市長さん。
右側のオレンジ色はラヂオつくば(コミュニティFM局です)のレポーターさん。

b0124462_17482372.jpg

申し遅れましたが、先導のオートバイ。BMWのマーク入り。かっこいい!!

この後、つぎつぎとスタートです。
b0124462_17494861.jpg

b0124462_17502174.jpg

b0124462_17505964.jpg

女性陣も10名ほどのエントリーです。ガンバレー!!!
b0124462_17514113.jpg


途中の写真を撮ろうとしても無理ですね。
なにしろ、早い人は30分くらいでゴールだそうですから。

したがって次の写真は
筑波支所での表彰式に飛んでしまいます。
ここでは食べ物の売店が出来ていました。

わが、つくば北条街づくり振興会では
北条米(マイ)スクリームその他物産の出張販売を行いました。
b0124462_17575159.jpg


表彰式は筑波支所内の圏民センターで行われました。
b0124462_1891832.jpg

表彰式には市長さんも駆けつけて、来年も是非やりたいと
アピールしておりました。
b0124462_1834454.jpg


総合優勝は、12キロ、標高差500メートルのほぼ登りだけというコースを
28分05秒という速さ。というよりワタクシメには比較のしようもありませんが。
商品は、北条米一俵(60キロ)。やったね。
b0124462_1875662.jpg

この大会も定着して、地域のアピールができるといいですね。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-14 18:16 | 平沢官衙遺跡 | Comments(2)

平沢官衙遺跡とあやめ

久しぶりに平沢官衙遺跡にいきました。
先週の日曜日(7日)、古代米の田植えがあったということで。
b0124462_183296.jpg

まだ弱々しい苗ですが、大きく育って欲しいもの。
公募による40名弱の小学生が中心になって植え込んだのだそうです。

古代米のお隣には、あやめが咲いています。
b0124462_1892432.jpg

女性でも写りこんでいれば、いずれがあやめ、かきつばた・・・って言えるのにね。
また、今日は大勢の自転車乗りがきていました。
b0124462_1881399.jpg

もしや、明日の「ツール・ド・つくば」の下しらべか?
と思いきや、申し込みが間に合わなかった方々のようでした。
東京からとのことで、ご苦労なことです。
「まあ、お金出してまで走ることも無いと思って、
コースだけは走ってきますよ」とはやや負け惜しみかな?
そのコースは、ネットでも分かりますが、
平沢官衙遺跡をスタートして、不動峠からつつじヶ丘ゴールです。
b0124462_18193344.jpg

この道は狭いところが多いので、200名の参加者が
一度に通ったら、落車が相当出るんじゃないかと心配ではあります。

朝早いので、しんどいですが、スタートくらいは写真撮るつもりです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-13 18:26 | 平沢官衙遺跡 | Comments(4)
つくば北条をターゲットとした筑波大学のプロジェクトが
3年目の活動に入りました。
正式には
筑波大学芸術学群 art design produce (筑波大学ADP)2009
「つくば道をひらく」 project
という長い名前です。

一年目は、つくば北条ふれあい館岩崎屋の改修などを手がけ、
二年目は、北条を中心とした筑波山麓エリアにおける
       国民文化祭の各種イベント開催。
そして三年目の今年。
       我が家の西となりにある、大正時代の雰囲気を
       色濃く伝える町家「関邸」をメインステージとして
       北条の内側により目を向けた様々な取り組みを
       行おうというものです。

昨日、今年のADPメンバーからの説明会が岩崎屋でひらかれました。
学生連から20数名、北条街づくり振興会から10名ほどが参加。
b0124462_20143213.jpg

久しぶりに岩崎屋が活気づきました。
そして
12名のメンバーから15にも及ぶ提案説明があったのです。
「関邸」は町家特有のいわゆる「うなぎの寝床」。
そこに、子供達が集う場所としての提案と、駄菓子やなどの食関連の提案、
まちかど伝言板や自転車ツーリスト宿、
さらには「裏堀を活かす」まで、様々な提案がありました。

「関邸」がよく描かれている絵コンテをご紹介します。
「いっぽっぽ」と名づけられた子供達の城とでもいうのでしょうか。
b0124462_21174589.jpg

あったかい雰囲気がいいですね。
b0124462_21182968.jpg

関邸の外観です。脇から見たところ。
b0124462_21185089.jpg

こんな長細い建物です。
b0124462_21162689.jpg

今年も北条がにぎやかになる予感がします。
これらの取り組みを我々街の住人がどう活用できるか、
試されることになりますね。
[PR]
by hojo4027 | 2009-06-11 21:30 | 北条街起こし | Comments(0)