江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:なんだかんだ( 139 )

音楽三昧その2

去年の12月21日のブログ(カテゴリ:なんだかんだ)でご紹介した
大蔵(宮清大蔵という名前になったようです)が進化しました。

最初に、前回の写真です。
戻っていただくのも申し訳ないので再アップします。
b0124462_1947361.jpg

このときも相当興奮しましたが、今回、このようになりました。
b0124462_19491741.jpg

写真パネルと、スピーカーが増えたのです。
写真は畳4枚分の大きさ。

スピーカーはかつての名機、三菱電機製のダイヤトーンです。
こちらも、以前からあったパイオニア製スピーカー同様、
30~40年前の代物。(これもアラフォー、と呼べるんですかね?)
前のカバーがはずせるタイプです。
b0124462_2095637.jpg

6Ω、80W。かたやパイオニア製は8Ω、60Wというスペックです。
私には違いは分かりません。
しかし、圧倒的なボリュームで音の洪水が押し寄せる、という感じは分かります。

大蔵の配線をしてくれた近くの電気工事屋さんが、「いらないから持ってきた」
といってプレゼントしてくれました。

感謝です。

また音楽漬けです。
一度ここに入ると、出てこれないんです。
[PR]
by hojo4027 | 2009-01-16 20:11 | なんだかんだ | Comments(4)

音楽三昧

しばらくブログを書きませんでした。

音楽漬けの日々を送っているからです。
大蔵は今、休眠状態。

そこで・・・

醤油作りのときに使った桶にふたをして
その上に30年前のスピーカーをドンと乗っけました。
左側のスピーカーです。
b0124462_16221128.jpg

右側のスピーカー。
b0124462_16231952.jpg

両方みると、
b0124462_16235151.jpg

この状態でボリュームをあげると、最高です。
桶の効果で、低音がずんずんとお腹に響きます。
高音もマイルドになったよう。

え?何を聴いているかって?
ジャズに、クラシックに、浪曲もあったりして。
そのときの気分でCDを聞き分けています。

贅沢な時間です。
[PR]
by hojo4027 | 2008-12-21 16:29 | なんだかんだ | Comments(2)

伊香保の湯

23日と24日はかみさんと伊香保にいきました。
温泉好きではあるんですが、近場の伊香保には
いったことがなかったんです。

いい温泉場ですね。湯治場の雰囲気もあるし。
電車だったので、ゆっくりできました。
渋川駅からの赤城山。
b0124462_21435095.jpg

忠治親分に、おひけえなすって。

早く着いたので、保科美術館にいきました。(パンフの写真です申し訳ない)
b0124462_2147793.jpg

立派な美術館です。15年ほど前にできたそうで、
大作がいくつも飾ってありました。

「小林かいち」さんという画家の作品が良かったですね。
b0124462_21514424.jpg

パンフレットを写真で撮りましたが、なぞの多いデザイン画家なんだそうです。
大正ロマンいっぱいです。

伊香保といえば、なんといっても竹久夢二ですね。
夢二記念館はもちろん欠かせません。
紅葉は終わりかけていましたが、それでも
なかなかでした。
記念館の前で、パチリ。
b0124462_2156399.jpg

夢二さんは、あまりに有名なので、特に言うことはありません。

音の美術館で、蓄音機を聴くことができました。
b0124462_2255178.jpg

オルゴールは210年前にスイスの時計職人が考案したのが
最初だそうです。
蓄音機は130年前にエジソンが発明したんですね。
両方の音が聴けて、夢二なんかどうでもいいや・・・という気持ち。

生活美術店などというお店もあって、孫のために箸なんぞ
買い求めましたね。
小さいときから箸を持たせると、賢くなるんだそうで。
10本くらい持たせちゃろかしら。
神頼みならぬ、箸頼みの巻でして。

あとは、お定まりの石段散歩。いや~、人の多いこと。
b0124462_2214419.jpg

旅館は、ヒジョーに家族的なところでした。
b0124462_2215191.jpg

[PR]
by hojo4027 | 2008-11-26 22:18 | なんだかんだ | Comments(0)

ツインリンクもてぎ

今日は、栃木県にあるホンダのサーキット場にいってきました。

鈴鹿サーキットと並ぶ巨大なレース場です。
茂木(もてぎ)町の山奥、それもレース特有の
排気音が外部に漏れないよう、盆地のような
地形の場所を選んで建設したのです。
b0124462_2005270.jpg

広すぎてよくわかりませんね。
カメラと腕のせいでもありますが。
ガイドマップにある全体図です。
b0124462_2028827.jpg

大きさなどはガイドマップには載っていません。
黄色のラインが走行ロードレーンです。

このレース場の一部を借り切って、会社のイベントがあったのです。
グループ会社の自動車ディーラー関連の社員約200名が集まり、
取り扱っている車の試乗と、ゴーカートレースの会でした。

メルセデス・ベンツ、BMW、ミニ、プジョー、ポルシェ、ホンダ。
それに取り扱っていないメーカーの車もあったりして。

200名の社員が普段乗れない車に乗って実体験してもらおうと
企画され、去年から始めました。

20数台の車が勢ぞろいすると圧巻です。
当然ながら、すべてデモカーです。中古車ではありません。
b0124462_20173173.jpg

ポルシェだけでも、4,5台ありました。
全部あわせると、うん億円(?)。
b0124462_2019058.jpg


最後のお楽しみが、ゴーカートのレース。
b0124462_20223485.jpg

ところが、突然の雷と夕立。
結局、カートレースは中止になってしまいました。

そのあと現れたのが、きれいな虹。
b0124462_2025053.jpg

栃木県はとにかく、雷さまが多いところ。
致し方なし、でした。
[PR]
by hojo4027 | 2008-10-15 20:31 | なんだかんだ | Comments(2)

四万騎農園のコンサート

昨日は、かすみがうら市(旧千代田町)にある
四万騎農園(しまきのうえん)の、石倉コンサートに行ってきました。
この名前は、小字(こあざ)名だそうで、
昔、八幡太郎義家が奥州討伐のため、
4万の兵力をこの地に集めたということから
つけられたと、ご主人の兵藤さんのお話。
兵藤さんが話すと本当っぽく聞こえるから
人徳ですかね。
面積は13ヘクタールだそうです。東京ドーム4個分。
すべて栗。春は一面の菜の花で埋め尽くされるそうです。
来よっと。

ここの栗は有名ですし、コンサートも長年続いていて
参考にすべく、へぼ写真を撮りまくりました。
兵藤さんごめんなさい。

石倉の創建が平成3年。
最初は何に使うか決めてなかったそうです。
太っ腹。さすが兵藤さん。

石倉は4間の6間という大きさで、大谷石を使っているそうです。
ちなみに我が家の大蔵は、3間の5間です(小さいな~)。
b0124462_19225124.jpg

夜のコンサートなので、ぶれてます。へぼ。

石倉ギタージョイントコンサート
と題して、飯田明さんと、メキシコから来たファン・カルロス・ラグーナさん
のギターソロとジョイント演奏でした。
b0124462_19285711.jpg

音の響きも素晴らしく、久しぶりにギターを堪能しました。
これでも、学生時代は、ドンナ・ドンナなど爪弾いたんですよ。
フォークソング全盛時代でしたから。
猫も杓子もギター、それもフォークソングですね。
P・P・Mなんかなつかしいなあ。

階段にも座布団があっていいですね。
b0124462_19322451.jpg

外では休憩時間や終わったあとに、珈琲や栗のサービスがありました。
b0124462_19341880.jpg

参考になることばかりで、いいことずくめでした。
[PR]
by hojo4027 | 2008-10-04 19:54 | なんだかんだ | Comments(2)

秋の味覚第一弾

今日、初物の柿を農家の方からいただきました。
西村柿という種類だそうです。早生品種のようですね。
赤味がやや足りないようで、早速食べてみると
甘さ控えめ、という感じかな。ゴマはしっかり付いていました。
b0124462_19582232.jpg


我が家には三本の柿の木があります。
富有柿2本と次郎柿。それぞれいい味なんですが、
今年は2本が豊作のようです。
なんといっても、もぎたての柿は果物の王様ではないか
といつも思います。
[PR]
by hojo4027 | 2008-09-25 20:04 | なんだかんだ | Comments(0)

送り盆

8月16日は、旧の送り盆ですね。
場所によって、はたまた家ごとに
やり方はいろいろでしょうが、
以前、我が家では仏前に5人分の
ミニお膳を用意していました。
ひとつひとつのお膳は
お雛様のお道具に近い大きさですが
手間は大変でした。
今は簡略化されていて、一人前だけ
作ります。
明治の廃仏希釈で神式になった我が家
ですが、仏壇もあります。壁に組み込んであります。
b0124462_2152192.jpg

正面からだと、こうなります。
b0124462_2153529.jpg

これがいまのお供えです。
b0124462_2154037.jpg

相当手抜きしています。
[PR]
by hojo4027 | 2008-08-16 21:55 | なんだかんだ | Comments(0)

写真の展示会

土浦在住の写真家、写狂老人さんの展示会にいって
きました。
案内状に使われた写真が老人さんの特徴である
光をコントロールしたものです。
b0124462_19463364.jpg

場所は、つくば市高野台3丁目のカフェ&ギャラリー
Rodin(ロダン)です。408号沿いのホテルニュー高橋
の裏にあります。
b0124462_19313116.jpg

4年ほど前に、始められたとか。
こじんまりとしたギャラリーがあるのがいいですね。
喫茶コーナーからギャラリーをみています。
b0124462_19454748.jpg

ギャラリー内部はこんな感じです。
b0124462_19542386.jpg

午前中でしたが、数組のお客様が見えていました。
氏の交友の広さが伺えます。

我が家の写真も撮ってくれるとのこと。
普通の写真は撮らないのが身上なので、
どんな出来栄えの写真が撮れるか
大いに楽しみです。

ランチも食べてきました。美味しかったですよ。
[PR]
by hojo4027 | 2008-07-21 20:00 | なんだかんだ | Comments(0)

筑波かすみ里帰り

縁あって、筑波かすみ里帰り運動に
ほんの少しだけ関わりました。

昭和2年(1927年)のはじめ、12,000体余りの
「青い目の人形」が米国から日本に贈られました。

そのお返しに、同年の終わりころに58体の
答礼(市松)人形が米国に贈られました。

それぞれの国や県で盛大な歓送迎会が催されました。

茨城県から贈られた人形には「筑波かすみ」という名前が
つけられ、米国はウィスコンシン州ミルウォーキーの
公立博物館に所蔵されていました。
b0124462_23113471.jpg

身の丈82センチの大変大きな市松人形でした。

80年ぶりに里帰りして、吉徳さんの修復をうけ、
見事に甦りました。
清らかな少女の美しさと、凛とした気品とを併せ持つ
すばらしい人形でした。
b0124462_0435929.jpg


過日、里帰り実行委員会の打ち上げ会があり、
参加することができました。
立派な記録集も出来上がりました。

何日かして、蔵の中を整理していたら、なんと、
「筑波かすみ」に関する80年前の絵葉書が
でてきました。
もう少し早く見つけていれば、記録集に
掲載されたかもしれません。

アメリカから贈られた「青い目の人形」達です。
b0124462_0461351.jpg

これが「筑波かすみ」です。
下に「茨城縣代表お人形のお道具」とあります。
なぜか、後姿のはがきしかありません。
前を向いたはがきは、ポストに
入れられたのでしょうか。
b0124462_04750100.jpg

お道具類のアップです。
b0124462_0505843.jpg


今日は、打ち上げ会に参加された方のお一人が
岩崎屋で開かれている飯田猷子先生の
「礼法 折形展」を見にこられます。

ついでに我が家をご案内する予定です。
[PR]
by hojo4027 | 2008-06-29 01:02 | なんだかんだ | Comments(0)