江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

宮清大蔵 春のサロンコンサート開催です!!! 

宮清大蔵 サロンコンサート 2016 春
今年は5月にコンサートが入りました。
とんでもないピアニストととんでもないヴァイオリニストの共演です。
どうとんでもないって?それは是非会場でご確認ください。
5月12日現在完売しました!ありがとうございました。
b0124462_1322445.jpg

ウィーン・ピアノ藝術の至宝 クリストファー・ヒンターフーバー 演奏会
スペシャル ゲスト 若林 暢(わかばやし のぶ)ヴァイオリン

日 時 : 2016年5月22日(日)
      開 場  14:00 
      開 演  14:30 
会 場  宮清大蔵 つくば市北条188
全席座席指定 
A席 3,500円(一階席)
B席 2,500円(二階席)
主 催:北条街づくり振興会
協 力:つくば市商工会、(株)朝日新聞学園都市販売
チケットお申込み・販売所(お申込み受付:4月6日(水)より)
●宮清大蔵(平日のみ10時~16時)080-6788-0693
●ラムール 029-842-1426 
●つくばピアノサービス 029-828-5400
●ヤマハミュージックリテイリング ピアノサロンつくば 029-850-0518
アクセス:
●電車、バスをご利用の方:TXつくば駅からつくバスに乗り換え(約30分)、筑波交流センター下車徒歩10分 
●乗用車をご利用の方:東大通りを直進→高エネルギー研究機構の次の信号を右折→国道125号をまたいで直進(駐車場完備)

会場について:
宮清大蔵 - 穀蔵から音蔵へ -
b0124462_1333418.jpg

宮本家「屋号 宮清(みやせい)」は、かつて醤油の醸造・販売を営んでいた北条を代表する商家です。現存する8棟は江戸時代後期に建てられ、すべてが国の登録有形文化財になっています。2011年の東日本大震災では大きな被害を受けましたが、すっかり元の姿を取り戻しました。店蔵には使用していた道具類やレジスターなどが大切に保存、展示されています。元穀物蔵であった大蔵は、8年前に北条街づくりの拠点として改修が行われ、音楽ホールに生まれ変わりました。毎年、開催されている著名な音楽家を招いての演奏会では、この歴史ある空間での音楽に高い評価をいただいています。
      
プログラム:
J.S.バッハ : 幻想曲とフーガ BWV944
ベートーヴェン:ピアノソナタ「熱情」
ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第5番「スプリング」
ほか(プログラムは当日変更の場合があります。ご了承ください。)

プロフィール:
クリストファー・ヒンターフーバー Christopher Hinterhuber/ピアノ
b0124462_13275749.jpg

現在ウィーン国立音楽大学ピアノ科教授。ウィーンで最も期待されているピアニストの一人。国際的な演奏活動と共に、CDでの活動もドイツでは「最良で・最も魅惑的なピアノ録音」の一つに選ばれて高く評価されている。ウィーン国立音楽大学ピアノ科、室内楽科を優秀な成績で卒業する。オレグ・マイセンベルク、ラザール・ベルマン、ウラジミール・アシュケナージなどの最高峰の芸術家からも特別な影響を受けている。コンクール歴もウィーンをはじめ、スイス、ドイツなどヨーロッパの国際ピアノ・コンクールで沢山の優勝と入賞を果たしている。21世紀のライジングスターのシリーズが開催されたニューヨークのカーネギー・ホールでも、ヴァイオリニスト、パトリシア・コパチンスカヤとの共演は大成功をおさめる。ザルツブルグのモーツァルトボッヘやシュワルツェンベルクのシューベルティアーデ、プラハの夏など世界を代表する国際フェスティバルに出演し、ウラジミール・アシュケナージ、ベルトラン・ド・ビリー、ヤコブ・クライツベルグなど世界的な指揮者たち及びウィーンフィルを初め世界各国のオーケストラと共演し好評を得ている。日本でもオーケストラとコンチェルトの共演や、ウィーンフィルの首席奏者とも度々来日しサントリーホールをはじめ全国各地で演奏を行う。また2013年からはソロリサイタルで日本ツァーも毎年行っており、草津音楽祭にも毎年招聘され、昨年の演奏会には天皇皇后両陛下のご臨席も賜るなどファンを魅了している。個性的活動としては、ミハエル・ハネケ監督によって映画化された「ピアニスト」の演奏中の手の出演と演奏を行っている。その作品はカンヌの映画祭でグランプリを得ている。

スペシャルゲスト:若林 暢 Nobu Wakabayashi / ヴァイオリン
b0124462_13281825.jpg

東京藝術大学、同大学院を経てジュリアード音楽院卒。博士号を取得。N.Y.タイムス紙等で高い評価を受けたカーネギーホールでのデビューリサイタル以後、バルセロナ市立管弦楽団等のオーケストラと共演を皮切りに、アメリカ、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、スイス、韓国、中国等世界各地で演奏活動を行う。イギリスのPICKWICK社から出されたデビューCD「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」はデイリーテレグラフ紙で“The CD of the Week”に選ばれるなど、欧州各誌で話題となる。また西ドイツ放送協会でもシリーズレコーディングを行っており「アイヴス:ヴァイオリン・ソナタ全集」を完成、インターナショナル・リリースされ、各国で紹介されている。ニューヨークの国際芸術家コンクール、ヴァニャフスキコンクール、モントリオールコンクール等国際コンクールでの優勝、入賞も多い。NHK総合テレビやEテレ、国際放送、ラジオなどでの、演奏をまじえてクラシック音楽のわかりやすい解説も好評を得る。アメリカのボードインサマーミュージックフェスティバル、なら国際アカデミー等に出演し後進の育成にも携わる。ヴァイオリンをD.ディレイ、Eヴァルディ、海野義雄、田中千香士の各氏に、室内楽をF.ガリミア、J.ラタイナー、J.サックスの各氏に、音楽理論をM.ホワイト、R.フレンチの各氏に師事。 以 上
[PR]
by hojo4027 | 2016-04-04 13:41 | 北条街起こし | Comments(0)