江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

矢中御殿のその後

先月のなかごろ、旧矢中邸に夕方、
明かりがともっておりました。
b0124462_1350445.jpg

御殿の玄関まわりの夕景。

玄関下の大谷石の倉庫が今日の舞台です。
b0124462_13521114.jpg

倉庫の入り口付近です。この中を筑波大生が
大掃除、もとい、家屋調査しておりました。

無意識に中に入ると、
b0124462_13543558.jpg

ものすごい、かび臭さ、ほこり、むせ返るような湿気の洪水です。
ストロボの光にごみが反射して、いかにすごいかわかります。

意を決して、再度内部の撮影に挑戦です。
b0124462_13571913.jpg

ストロボは焚きません。
よくこんなところに入っていたものです。
ワタクシめじゃ、死んじゃいます。

出てきたごみのやま。
b0124462_13591316.jpg

この中にも、お宝があるんでしょうか。後日の調査結果を待ちたい。

汚いところだけでは申し訳なし。
b0124462_1404962.jpg

こちらは、以前きれいになった玄関脇の、女中部屋と思しきところ。
いい雰囲気です。

そのあと、ついでに撮った我が家の夕景です。
b0124462_1453371.jpg

周りが暗いと、ぼろ隠しになりますね。
[PR]
Commented by そらねこ at 2009-12-06 20:50 x
この前の一般公開の折、床下倉庫もちょっと覗いてみました。
もちろん、入ったりはしませんよ。
入り口近くに、古い自転車がありました。
『実用車』と呼ばれた、苦労無骨なやつですね。
それと写真にもある大きなブリキの樽には、『四石入』の札が貼ってありましたねぇ。
あとは大きな水瓶と柄杓、新聞か雑誌の束が山済みになっていました。
それだけでも面白い資料だと思いますが、奥にはいったい何があったんでしょうねぇ・・・。
Commented by hojo4027 at 2009-12-07 10:24
そらねこさん
一般公開のときに床下も見せていたんですか。

新聞や雑誌は、片付けていても読み始めると
整理がまったく進まなくなりますね。
このときもそんな感じでした。

うちの二階の物置には、「週刊ダイヤモンド」という
雑誌(今もありますが)が埃をかぶっています。
そのうち引っ張りだします。

かみさんの教科書なんかも残っているんです。
それで、子供たちの教科書もなるべくとっておこうと
思っています。

先日、西武百貨店で古本市をやっていましたが、
つまんない雑誌が結構いい値段で売られていたりして、
捨てるのがもったいなくなりました。

今のものでも、100年もすれば十分骨董品になるんですね。
100年後を見据えて手を打てば・・・(^^;)
凡人には無理な話ですが。



by hojo4027 | 2009-12-01 14:06 | 北条街起こし | Comments(2)