江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

明治の戸籍帳

汚れがひどくて申し訳ありません。
明治9年のときの戸籍帳です。
茨城県第十一大区八小区、筑波郡北条○○とあります。
b0124462_10383497.jpg

明治4年の廃藩置県により、300くらいあった藩が
徐々に統合されて、明治9年頃に大方の県が出来上がっていったようです。
これはその頃調査されたものでしょう。

我が家の箇所を撮りました。
b0124462_10522886.jpg

文化14年(1817年)生まれが「清平」。父、次兵エ 亡 とあります。60歳。
次の寛政9年(1797年)生まれの「きな」は 清平の母。80歳。長命だったですねえ。
文政10年(1827年)生まれの「ちせ」は「清平」の妻です。50歳。
なぜか、ぴったりの年齢です。
天保12年(1841年)、長男、「治平」が生まれています。36歳。
弘化4年(1847年)、長女「せん」誕生。30歳。
明治3年(1871年)、孫の「清治郎」がうまれました。私らの曽祖父に当ります。当時6歳。

前にも書いたかも知れませんが、我が家には過去帳らしきものがないので、
先祖のことはよく分かっていません。
かみさんが一生懸命家系図をエクセルで作っていますが、
なかなか難渋しているようです。
よってこれらは貴重な資料です。
[PR]
Commented by NANOTU at 2009-08-21 14:52 x
江戸から平成までの家系を辿る旅、(6代ぐらいでしょうか)興味深いですね。お蔵はまさにアーカイブのお宝ですね。由緒正しいお家を守っていかれるのも子孫の大切なお役目でもありますね。以前のブログ読ませていただいてます。・・私の母方を辿ると下館藩士なのだということを、子供の頃から聞かせられました。
Commented by hojo4027 at 2009-08-21 20:42
NANOTUさん
コメントありがとうございます。
下館は歴史のある町ですから、いろいろ昔のものが
多く残っているのではないでしょうか。
下館には親戚で旧家もありますので、覗いてみたいと
おもっているのですが。
by hojo4027 | 2009-08-21 11:39 | 古道具 | Comments(2)