江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

矢中御殿

つくば北条の町の真ん中に、
かつて「矢中御殿」と呼ばれた建物があります。

昭和20年頃、つまり戦前から戦中にかけて建設された
事業家の別邸です。
もう40年以上も放置され、荒れ放題になっていました。

最近持ち主が変わり、大掃除がはじまりました。
7月の北条の祇園祭にお披露目しようと、
筑波大生も加わって大車輪の日々です。

玄関周りの様子です。学生さんが木の剪定
をしているようです。落ちないでチョーダイ。
b0124462_20494774.jpg


きれいになった、西洋館の一部です。
(この建物は、南北にふたつの棟からできています。)
b0124462_20504219.jpg

欄間のは、汚れではありません。後日明らかにします。
周囲のふすまは板貼りできれいな絵がかいてあります。
b0124462_20525726.jpg

b0124462_20531326.jpg

鮮やかな色遣いです。

日本館の二階です。
b0124462_20535827.jpg

和洋折衷で、なにやら明治の開国当時、外国との交渉に使われた・・・
といった風情です。ふすまや椅子の背もたれに京都の西陣織りが使われているとか。

よくみると、
b0124462_2057967.jpg

ふすまにガラスがはめ込んであります。初めてみました。

このあと、どんな風に変わっていくかたのしみです。
乞う、ご期待!!!
[PR]
Commented by そらねこ at 2009-06-21 00:47 x
これはまた、凄い邸宅ですね。
公開されるんですか、是非見に行きたいものです。
続報を楽しみに待つとしましょうか。
Commented by hojo4027 at 2009-06-21 09:36
そらねこさん
昭和初期の建築物は希少価値で
見直されているんだそうです。
とにかくいろんなところに
贅が尽くされているんだそうです。
私も楽しみです。
Commented by なな at 2009-06-21 16:36 x
こちらが噂の谷中御殿ですか。
お手伝いできなくてすみません。
こんな和洋折衷はなかなか例をみないですね。
勘違いしている外人さんの中のジャパネスクって感じですね。
外国人ウケしそうですね。

完璧和風住宅かと思ってました。
戦中に異国文化をいれるのはかなり勇気が必要だったのでは
Commented by hojo4027 at 2009-06-21 22:14
ななさん
実物を見ると、江戸時代ではないので異国文化というほどの
違和感はありませんが、たしかになんとなくムズムズしますね。


Commented by ゆみこ at 2009-06-22 01:11 x
ほこりだらけだった谷中御殿、
綺麗になってよかったですね。
私もぜひ拝見させていただきます。
この建物の持ち主とこれを建てた建築家は
いったいどんな人物だったのか・・・
そんなところに思いを馳せています。
Commented by M.Matsuura at 2009-06-22 06:34 x
先日はどうも。
まず先に訂正しておくと、「谷中」ではなく「矢中」です。

最近は北条を歩く度に、いろんな人にこの邸宅のことについて聞かれるようになりました。
みなさんの関心が高まっていることを実感するとともに、それにどう応えようか考える日々です。

たしかに今は掃除に勤しんでいますが、ただ掃除をしているわけではなくて、この作業は調査と資料整理を兼ねています。
なもので、ただ綺麗にしていえばいいというわけでもないので、見学に関しても、お手伝いに関しても、正直なところ、まだ不特定多数の方々を迎え入れるという状態には至っていません。
申し訳ないですが…。

ただ、いずれ地域の方々にお声掛けする時が来ますので、それまで待っていていただければと思います。
(下のコメントに続く)




Commented by M.Matsuura at 2009-06-22 06:34 x
あと、一言私の気持ちを書かせていただくと、多くの人の場合、この建物に対して、「豪邸」であることを評価します。
しかし、この建物はただ豪邸である、つまり多額の資金を投じて贅を尽くしたということに終始するものでは決してありません。
施主の想いがものすごく込められた、唯一無二の邸宅なんです。

調査を進めていくにつれて、いろいろなことがわかってきたので、そういったことも含めて、きちんと皆さんにお伝えできるようにしたいと思います。

皆さんには今しばらく見守っていただければと思います。
また、調査等が落ち着いたら、地域の方々には様々な面でご協力をお願いする機会があるかと思いますので、その際にはご助力いただければ幸いです。
Commented by なな at 2009-06-22 20:23 x
そういう事情ならお待ちしましょう。
へたに触ってはいけませんね。
たかぼんさんの蔵の時も汚れ仕事は手伝わなかったので、心苦しかったのです
Commented by hojo4027 at 2009-06-22 20:45
ゆみこさん
とにかく大変な建物です。

この前のコメントに、関わっている学生さんの
想いが綴られているので、是非ごらんください。
Commented by hojo4027 at 2009-06-22 20:51
MMさん
「矢中御殿」でしたか。申し訳ない。

施主の想い、に至るとは相当奥が深いようですね。
調査、解明が出来たら是非お披露目ください。
Commented by hojo4027 at 2009-06-22 20:52
ななさん
いまから腕を撫しておいてください。
Commented by hiroko0422 at 2009-08-29 21:45 x
はじめまして矢中御殿は母の実家です。30年前に祖父が亡くなってから神奈川に移りました。小さいころに遊びに行ったので懐かしいです!
Commented by hojo4027 at 2009-08-30 20:23
hirokoさん
コメントありがとうございます。
矢中御殿は40年くらいどなたも
住んでおられないようですね。
調査をしている学生さんによると、
いろんなものが、生活していたままの状態で
残っているんだそうです。
今もまったくといっていいほど、
当時の状態を保っているそうなので、
機会がありましたら、ぜひお越しください。

現状維持が当面の目標のようですから、
以前の様子などがわかると、
学生さんも喜ぶのではないでしょうか。

つくばエクスプレスという電車もできましたので、
比較的時間もかからないと思います。
Commented by hiroko0422 at 2009-08-30 21:36 x
コメントありがとうございます!

矢中邸は祖母の伯父の家で祖父は敷地内の母屋にすんでました。小さいころは御殿のなかを迷路のよううに遊んだ記憶があります。

矢中の親戚も長い間気がかりだったので記念館として形に残り母も大変喜んでいます。近いうちに足を運びたいとおもいます。
Commented by hojo4027 at 2009-08-31 08:57
hirokoさん
矢中邸はふだんは閉まっていますので、
事前に日程が分かれば学生さんが開けてくれると思います。
by hojo4027 | 2009-06-20 21:05 | なんだかんだ | Comments(15)