江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

命のはかなさ

つくば北条の歴史探訪のあった日曜日。
朝早く、我が家の店蔵の前で、
ちょっとした異変がありました。

毎年恒例、店蔵の軒下ではツバメの子育てがはじまりました。
今年も一対の夫婦ツバメが巣に卵を産み、せっせとえさを運ぶ毎日。
巣立ちを楽しみにしていました。

一週間ほど前のヒナたちです。
b0124462_20162724.jpg

巣と軒の間が狭いので、うまく写真が撮れません。
ボケボケです。あとでちゃんと撮ろうと思っていました。

軒下の巣の様子です。
b0124462_2020711.jpg


日曜の朝、親ツバメの様子がおかしいのです。
道路に並んで巣を見上げたり、
b0124462_20244211.jpg

しきりに巣の前を飛び回っています。(二羽飛んでいるのが見えるでしょうか)
b0124462_20253548.jpg


ヒナの巣立ちにしてはちょっと早いな、と思いながら
ふと見上げると、

なんと、巣のとなりで、蛇がとぐろをまいているではありませんか。
先ほどの軒下の写真をよくご覧ください。↑↑↑
ふたつの巣の向こうに黒っぽい塊が見えます。












大きくすると、
b0124462_20325149.jpg

右がヒナのいる巣です。左が・・・・・!!!
ストロボを焚いたので、蛇の目が光っています。(ゾクッ)

あわてて、棒切れで蛇をつつきました。
すると、軒を伝って逃げ出しました。
b0124462_20343037.jpg

逃げ出した蛇のお腹が膨れているのです。
ヒナの2~3羽は飲み込まれてしまったようです。
あとで、かみさんに聞いたらまだ2羽くらいは残っているとのこと。
全滅でなくてよかったー。残ったヒナにはなんとしても
生き延びて欲しいものですが。

1メートルはあろうかという代物は、側溝の穴の中に
逃げていきました。

前々から我が家には蛇やら蛙やらが住み着いているのは
知っていましたが、なんとも生々しい現場に遭遇してしまいました。

蛇も生きるためですから、仕方の無いこと。
自然の激しさを垣間見た思いです。
[PR]
Commented by なな at 2009-06-04 15:23 x
ツバメが人家に巣を作るのはそのほうが外的から守られるからなんですって。
まさにたかぼんさんが全滅から救ってくださったんですね。こういうことを期待してなのでしょう。
Commented by hojo4027 at 2009-06-05 19:43
ななさん
なるほど。そう考えればまだ救われますか。

残った二羽の写真がとれたら
ご報告します。
Commented by ゆみこ at 2009-06-05 23:42 x
この映像、ほんとにスゴイですね。
まるでドラマのよう。
動物達の生きる為の営みを間近にご覧になったのですね。

今朝はツバメが低く飛んでいると思ったら、
やっぱり雨になりましたね。
いよいよ梅雨入りでしょうか。
Commented by hojo4027 at 2009-06-07 17:24
最近、ツバメの巣がやけに気になりだしました。
軒先のツバメの親鳥が二組いるようなんです。
別の巣で子育てが始まるかも知れません。
その後、蛇は現れないようですが、
安心はできませんね。
by hojo4027 | 2009-06-01 20:55 | なんだかんだ | Comments(4)