江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

音楽会

きのうの午後5時。
柏市の観音寺、通称「ぼたん寺」での
コンサートにいってきました。

宮清大蔵の音楽祭でお世話になった
若林 暢(のぶ)さんのヴァイオリン リサイタルでした。
橋本麻智子さんもシンセサイザーを引っさげて(ちょっと違うかな?)。
さらには、テノールの田 大成さんが特別ゲスト。
去年の国民文化祭、宮清大蔵の再現です。

ぼたん寺正門のアプローチです。
b0124462_2042321.jpg

ぼたん寺という位ですから、当然ぼたんが満開でした。
b0124462_20422795.jpg

会場の本堂前には、開演前から大勢の観客が集まっていました。
b0124462_20512154.jpg

ステージです。
b0124462_20521631.jpg

150人くらいで満席でした。
b0124462_20531160.jpg

ご住職のご挨拶。今年で6回目だとか。
b0124462_20554520.jpg

ご住職のご理解で会ができるんですね。

残念ながら、演奏の写真はご遠慮くださいとのことで、ありません。

若林さんの迫力あるヴァイオリン、橋本さんのたおやかなシンセ。
田さんのきれいな歌唱。素敵なお庭と、曲目も全部知っている曲ばかり。
もう、言う事ありません。
たっぷり堪能しました。
[PR]
Commented by なな at 2009-04-30 21:23 x
こんな素敵な催しがあったとは。
素晴らしいですね。

お寺の宗派は何なのでしょう。中国的な屋根ですね。(ちがうかな。御子息に一から教えていただかないといけないかな)
Commented by hojo4027 at 2009-05-01 20:34
ななさん
後でお聞きしたら、50人ほどお断りしたとか。
若林さんや橋本さんの人気のほどが伺えます。

観音寺は真言宗豊山派とありました。
北条の全宗寺も確か同じ宗派です。

本堂の屋根は唐破風(からはふ)という形式のようです。
唐=中国というわけでもなさそうです。
平安時代に生まれた建築様式で、
「新しさ」を唐という言葉に乗せたという説が
あるそうです。
この辺のことは、わが愚息には到底解説できません。
エヘン。
Commented by なな at 2009-05-06 06:45 x
唐破風ですか。そう、伺うと、どこかで聞いたことがある気がします。そんな深層心理というか、脳のおくないにる単語が中国風と思わせてしまったのでしょうか。唐=中国と思って。
昔々の睡眠学習は脳の奥内のどっかにあるものの、意味などは全く覚えていないから困ったものです。全く使えません。
でも、なんとなく、聞き覚えのある言葉~って気はするんですよ。最近のミュージシャンの名前のように「何それ」ではないのです。
もっと必要な時にはきちんと出てくるようにしっかりお勉強しておけばよかったなぁ。
ありがとうございました。ひとつお利口になりました。
Commented by hojo4027 at 2009-05-06 09:22
ななさん
最近のテレビで世界遺産がよくとりあげられますね。
そのなかで、姫路城の番組で知りました。
姫路城にはこの唐破風が使われていて、
詳しく解説されていました。

お城には当時の粋を集めて造られたものが多いので、
建築様式を知るには絶好の素材なんでしょうね。
Commented by なな at 2009-05-06 12:02 x
姫路城にですか。
行ったことあるのに、気付かなかったです。
やはり、当時は日本建築の良さが分かっていなかったからでしょう。
あまりお城には興味ありませんでしたが、そういう目で見ると面白いでしょうね。
戦いのための城でなくて、お屋敷としての城は贅を尽くしているでしょうから。
by hojo4027 | 2009-04-30 21:02 | なんだかんだ | Comments(5)