江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

小江戸 栃木市

栃木県には栃木市というところがあります。
県庁所在地ではありません。
かつて県庁所在地だったのです。
今は宇都宮市にその座を譲っていますが
戦前は商都として栄えたところです。
現在の人口は8万人ほどですが、
地方都市の宿命でもある人口減に悩まされているようです。

その栃木市は江戸時代、巴波川(うずまがわ)舟運の要衝として
また、日光東照宮へ向かう朝廷の勅使が通る
例幣使(れいへいし)街道の宿場町として栄えました。

今日は、天明年間(230年くらい前)創業の油伝(あぶでん)味噌株式会社さんを訪ねました。
通称「あぶでん」さんは我が家が醤油醸造をやっていた頃からのお付き合いで、
味噌を卸してもらっていた老舗です。

明治23年の鳥瞰図がありました。広いです。この図のほかにも敷地があるんですから。
b0124462_19553960.jpg

今でも味噌の製造を続けておられ、20年ほど前から
「田楽あぶでん」という茶店を開いておられます。
例幣使街道に面した店先です。鳥瞰図の下の辺りです。
b0124462_1954456.jpg

茶店の入り口です。鳥瞰図の左下にあります。
b0124462_1957526.jpg

7代目と8代目のご当主が奥様ともども味噌工場と
茶店の切り盛りをされています。

7代目ご当主に蔵と工場の内部をご案内いただきました。
これは図の右側を外から見たところです。
b0124462_2025132.jpg

4つの蔵の屋根瓦を全部取り替えられたそうです。
脇のいた塀もきれいに修復されていました。

                          続く。
[PR]
Commented by そらねこ at 2009-01-27 22:38 x
醸造業の方にとって、使い込んだ建物は宝だと聞きます。
建物が作り出す環境と、そこに住み着いた麹が味を作るんだとか。
建て替えどころか、改装するだけで味が変わってしまうそうですねぇ。

とは言え昔は、味噌は自家製が普通だったのかな。
近くの味噌屋さんは、たかだか100年ほどの歴史。
それでも、昔ながらの味噌が残ってるし。

それにしても、田楽はそそりますなぁ・・・。
焼けた味噌の香ばしさが、漂ってくるようで(笑)。
Commented by hojo4027 at 2009-01-29 08:35
そらねこさん

味噌にしても、醤油にしても、古くからやっている
ところがほとんどですが、おっしゃるような味の
源泉が今、見直されているんじゃないんでしょうか。
それだけ日本が豊かになったともいえるのでは?

とは言っても、我が家は早くに店じまいして
正解だったと思います。

田楽は、豆腐、こんにゃく、里芋がありますよ。
by hojo4027 | 2009-01-25 20:07 | なんだかんだ | Comments(2)