「ほっ」と。キャンペーン

江戸時代の登録文化財に住んでいます。日々の出来事や、出土(?)した古い生活用品などをお見せしています。北条の町おこしにも協力しています。


by たかぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

北条小学校とのこと

矢中の杜で北条小学校の見学会がありました。年1回の3年生33人の授業です。
3つの班に分かれて邸内を回ります。まずは全員で矢中の杜の概要説明。
b0124462_2211136.jpg

邸内の写真は撮りそこないましたが、これは地下室の見学。
b0124462_22124877.jpg

最後は前庭の空池をチェックです。
b0124462_22154521.jpg

小学校も3年生ともなると、結構いろいろ質問してきたりして興味を持ってもらえたようです。
[PR]
# by hojo4027 | 2017-02-16 22:17 | 矢中御殿 | Comments(0)
2月11日から始まった東山魁夷展。12日の日曜日、水戸の茨城県近代美術館にいってきました。
すごい人手でした。パンフレットもA4の二つ折りと、力が入っています。
b0124462_2382640.jpg

b0124462_2384548.jpg

「濤声」という障壁画の前に立つと、心が洗われるような不思議な感覚に襲われます。
ぜひ機会を作ってご覧あれ。休日なら閉館間際が静かに鑑賞できてお勧めです!
[PR]
# by hojo4027 | 2017-02-13 02:46 | なんだかんだ | Comments(0)

冬の北条市。

今年の冬の北条市は快晴、微風という絶好のコンディションでした。
大勢のお客様にお越しいただきました。
b0124462_9301444.jpg


われわれ北条街づくり振興会と地元筑波高校のボランティアクラブは事前の準備に追われます。
b0124462_9315323.jpg


冬の北条市の目玉は、なんといっても「開運?豆まき」です。
おどろおどろ?しき鬼たちが待ち構えます。
b0124462_9375651.jpg

b0124462_9383538.jpg

年男・年女?が豆まきです。
b0124462_943414.jpg

戦利品を見せてもらいました。今年は去年よりずいぶん景品が充実していたようです。
b0124462_9472596.jpg

いつもの荒牧さんも子供たちを相手に熱唱です。
不肖ワタクシめも良き相手を得て、張り切って歌ってしまいました。
b0124462_9485859.jpg

青空のもと、大声で歌うのはいいものです(笑)。
[PR]
# by hojo4027 | 2017-02-05 09:50 | 北条街起こし | Comments(0)

平沢の土手焼き

平沢官衙遺跡の芝焼きの翌日は、周辺で枯れ草の土手焼きがいっせいに行われたようです。
たまたま散歩の途中で遭遇しました。
b0124462_121498.jpg

結構な炎が上がっていて、ちょっと心配になるくらい。
b0124462_122459.jpg

このあと、平沢官衙遺跡の管理事務所にいったところ、土手焼き監視用の人数が少ない、という話もあって、土手焼きも大変なんだと、思い知った次第。
[PR]
# by hojo4027 | 2017-02-01 12:05 | 北条付近の風景 | Comments(0)

平沢官衙遺跡の芝焼き

毎年恒例、平沢官衙遺跡の芝焼きが行われました。
毎年この時期に遺跡の芝生を焼いていろいろな文字を表現します。
今年はこれ!見事に「ジオパーク」とうい文字が焼きあがり?ました。
b0124462_1203794.jpg

焼き始めです。
b0124462_127346.jpg

大勢の見物人が見守ります。今年は例年になく穏やかな日和でした。
b0124462_1275242.jpg

b0124462_128697.jpg

去年つくば市と周辺の市町村が「ジオパーク」に認定されたのを記念したのだそうです。
「ジオパーク」ってどうもイマイチよく分かりません。
芝焼きの前には、地元北条小学校の3,4年生たちが、
「つくばスタイル」という授業の発表会をやってくれました。
b0124462_1244131.jpg

この授業は地元のいろいろな歴史や文化を学ぶものだそうで、
発表の中身もなかなかしっかりしていました。

最後には、土木研究所の和太鼓グループの演奏もあって盛りだくさんでした。
b0124462_1210242.jpg

[PR]
# by hojo4027 | 2017-01-28 12:14 | 北条付近の風景 | Comments(0)